CDもNG!著作権侵害により課せられるペナルティ

店舗BGMの著作権コラムイメージ店舗BGMの著作権コラムイメージ
店舗BGMの著作権

スーパーマーケットやアパレルショップ、ドラッグストア、美容室など、私たちは様々な店舗を利用します。こうした店舗のほとんどでBGMが流れています。何げなく耳にしているこのBGMは、店舗が自由に使用してもいいというものではありません。BGMを店内で流すためには、JASRAC(日本音楽著作権協会)に著作権使用料を支払う必要があるのです。
ここで気になるのが、自分で購入したCDを店内で使用する場合。自分が購入したCDであることから一見すると店内でその音楽を流すことに問題はないようにも思えますが、実はJASRACに申請せずに利用すると著作権侵害になるのです。
ここでは、なぜ購入したCDを店舗BGMに使用する場合にJASRACへの申請が必要となるのか、また著作権侵害によってどういったペナルティが課せられるのかについてご紹介します。

目次

店舗BGMの著作権コラムイメージ店舗BGMの著作権コラムイメージ

まずは、著作物と著作者について知ろう

冒頭でも触れたように、自分が購入したCDをJASRACに申請せずに店内で使用すると、著作権侵害に当たります。お金を払って購入しているのだから自由に使ってもいいと考えている人もいるかもしれませんが、CD音源を店内で流す場合にはJASRACに申請して著作権使用料を支払う必要があるのです。
なぜCDをBGMに使う際に著作権使用料を支払う必要があるのでしょうか。これには、演奏権という権利が関係しています。演奏権とは、公衆に対して音楽を演奏する、あるいはCDを再生するといった行為を独占する権利のことです。この演奏権も著作権に含まれているため、公衆に聴かせることを目的としてCDを再生する場合には著作権者に許可を取る必要があります。これが、店内BGMにも適用されるのです。

上述したように、「購入したCDは自分のものだから関係ないのではないか」と考えることもできますが、購入したのはあくまでもCDという録音媒体であり、その楽曲を他人に聞かせる権利まで購入したわけではありません。CDを購入したからといって、楽曲に対する権利には関係ないのです。
また、「BGMを流してもお客様からお金をいただいているわけではないのに著作権侵害になるのか」という疑問もあります。確かに演奏権には、非営利目的の場合には適用されないという規定もあります。ここで焦点となるのが、営利目的という言葉が示している範囲です。営利目的というのは間接的な営利効果を目的とする利用行為も含むので、店舗など営利性のある場での雰囲気作りなどに利用される場合も営利目的による利用になります。

こうしたことから、購入したCDを店内で流す際には、しっかりと手続きをして著作権使用料を支払う必要があり、そうしない場合は著作権侵害となってペナルティが課せられます。

店舗BGMの著作権コラムイメージ店舗BGMの著作権コラムイメージ

著作権侵害によって課せられるペナルティ

著作権侵害の場合、「民事上の請求」と「刑事上の罰則」という2種類のペナルティが課せられます。

民事上の請求としては、侵害行為の差止請求、損害賠償の請求、不当利得の返還請求、名誉回復などの措置の請求の4つがあります。損害賠償の請求と不当利得の返還請求では、金銭のやり取りが発生します。これらの請求はどれかひとつだけというわけではなく、理由が認められれば4つすべて請求されるケースもあります。
2015年から2年続けて、JASRACは音楽著作権の手続きが済んでいない事業者・店舗に対して民事調停の申し立てを行っています。美容室や理容店、アパレルショップ、飲食店といった様々な店舗がこの調停の対象となっていますが、その半分以上が美容室であったとされています。近年はインターネットなどで簡単に音源を入手することができるようになったため、こうしたトラブルは増えていると考えられます。

民事調停は訴訟とは異なり、当事者同士の話し合いによって解決することを目的としていますが、訴訟に発展するケースや始めから訴訟となるケースもあります。
また、著作権侵害はれっきとした犯罪であるため、著作権者が告訴した場合は有罪か無罪かの判決が行われることになります。有罪となった場合には刑事上の罰則が科せられ、著作権侵害の場合は10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金となります。これらは併科可能であるため、懲役と罰金の両方が課せられるケースもあります。侵害者が法人であった場合、罰則はより重くなり、3億円以下の罰金となります。
また、著作権侵害に関する判例をみると、侵害者が、著作権者が誰であるかを認識していない場合であっても、著作権があることを理解していれば処罰の対象となることが分かります。

つまり、誰が作ったか分からないものであっても、著作権フリーであると明示されていない楽曲を使用すれば著作権侵害で処罰される可能性があるのです。

OTORAKUなら著作権を心配する必要なし!

今回ご紹介したように、店内BGMとしてCD音源を使う場合にはJASRACに申請して著作権使用料を支払わなければなりません。刑事罰に問われる可能性もあるため、改めて店内BGMについて見直しが必要です。CDだけに限らず、他にも著作権侵害となるケースはいくつかあります。OTORAKUを利用すれば、そうした著作権関連の心配は必要ありません。

OTORAKUは、店舗用BGMとして利用できる音楽配信サービスです。iPad用のアプリケーションで、定額を支払えば国内主要レーベルや海外のインディーズレーベルなど様々な音楽を聴くことができます。著作権関連の面倒な作業も不要で、著作権を侵害することなく安心して店舗用BGMとして利用できます。

これから店舗用BGMの見直しを行う方や、新たに店舗用BGMを導入するという方は、ぜひOTORAKUの利用をご検討ください

【監修者のご紹介】北村 行夫 弁護士

北村 行夫 弁護士

1945年生まれ。1968年早稲田大学政経学部卒業、1974年司法試験合格、77年東京弁護士会登録。80年に虎ノ門総合法律事務所所長に就任、現在に至る。日本知的財産仲裁センター仲裁委員・調停委員/著作権法学会会員/国際著作権法学会員/著作権情報センター会員/日本ユニ著作権センター相談員/東京弁護士会人権擁護委員会(報道と人権部会元部会長)
監修者先生のご紹介

関連コラム

お店で使える!定額制BGMアプリ

iPadWi-Fi導入簡単
OTORAKU -音・楽-ロゴ
  1. 著作権処理
    設置工事は不要
  2. オリジナル
    プレイリストが作れる
  3. 500万曲の
    楽曲が流し放題

お問い合わせ

導入サポートやサービス内容について、
まずはお気軽にご相談ください。