無料で7日間お試し

ページの先頭へ

著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

店舗BGMの著作権

著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

「店舗 BGM」で検索すると上位に表示される関連検索キーワードが、"著作権"です。店舗でBGMを流す場合には、著作権の問題でJASRACなどの音楽著作権管理事業者への申請・支払いが義務付けられています。しかし、「手続きが面倒」「できるだけ費用をかけたくない」という店舗経営者の方も多いのではないでしょうか。

個人で著作権処理の申請をせず店舗BGMを導入するには、音楽著作権の申請をカバーしている店舗向けの音楽配信サービスの利用がおすすめです。なかでも代表的な「有線放送」と「店舗用BGMアプリ」の2つをご紹介します。両サービスの特徴や魅力、そしてリーズナブルに利用できる店舗用BGMアプリ3つの比較をご紹介します。

目次

有線放送と店舗用BGMアプリ、それぞれの特徴と魅力

市販のCDやダウンロードした楽曲を店舗のBGMで使う場合は商用利用にあたるため、著作権や著作隣接権に対する使用料の支払いが必要です。使用料は店舗の面積や利用期間により異なり、例えば1,000㎡以下の店舗の場合は年間10,000円とされています。
なお、申請後すぐに店舗BGMが利用できるわけではありません。購入したCDの楽曲を使う場合、著作権の申請には2週間ほどかかります。

あらかじめ著作権申請がカバーされている有線放送や店舗用BGMアプリを利用すれば、店舗オーナー様によるJASRACなどの音楽著作権管理事業者への申請・支払いは不要です。では、それぞれの特徴と魅力をご紹介します。

有線放送

NTT光回線や衛星、ケーブルなどのインフラネットワークを介して提供される多種の放送サービスです。J-POPや洋楽、クラシック音楽、ジャズ、ヒーリングミュージックなど各ジャンルの専門チャンネルが設けられているため、細かい選曲の必要がありません。導入するにあたり、専用チューナーや音響器材の設置工事が必要となります。月額利用料はサービスやコースなどで変動しますが、5,000円前後が一般的です。

店舗用BGMアプリ

タブレットやスマートフォン、パソコンなどに専用アプリをダウンロードして利用する音楽配信サービスです。豊富な楽曲をリーズナブルに利用できるため、非常に人気があります。コンパクトな端末を使用すれば店舗の内装を邪魔する心配もありません。

JASRACなどの音楽著作権管理事業者への申請なしで、市販されているCDやレンタルCDを店舗のBGMとして利用してしまうと、著作権侵害で罰せられる恐れがあります。トラブルを防ぐためにも、著作権申請がカバーされている有線放送や店舗用BGMアプリの利用がおすすめです。

cr11_img02.jpg

4つのポイントでみる! 店舗用BGMアプリ3つの比較まとめ

リーズナブルな音楽配信サービスとして、人気を博している店舗用BGMアプリ。様々な種類がありますが、アプリごとにサービス内容や価格などが異なります。
そこで、「OTORAKU -音・楽-」をはじめとする代表的な店舗用BGMアプリ3つを価格、楽曲内容、器材、サポートの4つのポイントから比較しました。

OTORAKU -音・楽-

タブレットとWi-Fiを利用した店舗用BGMアプリ。お使いのタブレットに専用アプリをダウンロードしてログインすれば、国内の主要音楽レーベルはもちろん、海外のインディーズレーベルまで豊富に配信される楽曲をすべて利用できます。既存のプレイリストをそのまま利用することも、自分の思いどおりにプレイリストを作ることも可能。価格は定額制となっており、通常プランなら3,780円(税抜/月)、2年間継続プランなら3,380円(税抜/月)、3年間継続プランなら2,980円(税抜/月)です。また、サービスに関するサポートは365日年中無休。音響器材の手配や設置工事、店舗の移転時やタブレットの機種変更時の相談など、気軽に問い合わせができるので、安心です。

アプリM

タブレットまたはスマートフォン、パソコンを利用した店舗用BGMアプリ。推奨環境は有線のインターネット回線となります。音源はカバー曲がメインながらも1,300チャンネルの中から好みのチャンネルを流すことが可能です。価格は月額プランなら1,880円(税抜/月)、1年プランなら一括払いで20,680円(税抜/年)。万が一のときは、平日であればメールと電話でのサポートが受けられます。

アプリI

iPadやiPhoneまたはパソコンと有線のインターネット回線を利用した店舗用BGMアプリ。チャンネル数は31と少なめですが、価格は業界最安値の月額690円です。配信されているジャンルはクラシック音楽やジャズ、アジアンミュージック、オルゴールなど多種多様。アプリに関する問題は、メールで相談することができます。

価格や配信楽曲内容、使用する器材、サポート内容は店舗用BGMアプリを選択する上で重要なポイントです。各ポイントを比較し、後悔のないアプリ選びをしましょう。

cr11_img03.jpg

使いやすくて楽曲数も豊富! デザイン性も高い「OTORAKU -音・楽-」の魅力

デザイン性と機能性、どちらも重視したい方には「OTORAKU -音・楽-」の利用がおすすめ。スタイリッシュな画面デザインで店舗の内装を崩す心配もなく、自由度の高い機能性も兼ね備えています。

配信楽曲は定番曲から最新曲までと幅広く、自身の好きな楽曲はもちろん、季節や時間帯に合った楽曲も手早く選べます。こだわり派はプレイリストを思いどおりに作成することも可能。お任せ派は、BGMのプロのノウハウを盛り込んだ既存のプレイリストをそのまま利用できます。

また、指定時間に自動再生できるプログラムタイマー設定や、プレイリストを再生中に別の曲を割り込み再生できるカットイン機能なども搭載しているので、業務効率化を目指すこともできます。店舗BGMでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidタブレット安心レンタルプラン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 950万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 950万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストがつくれる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-