無料で7日間お試し

ページの先頭へ

音楽のリラックス効果を最大限に発揮するには?おすすめの選び方

音楽特集

音楽のリラックス効果を最大限に発揮するには?おすすめの選び方

私たちの気持ちをハッピーにしてくれたり、落ち着かせてくれたりと、さまざまな影響を与えてくれる音楽。 その影響は大きく、音楽によっては集中力が高まったり、ストレス軽減やリラックス効果を得られるなど、さまざまな効果が期待できます。 しかし音楽のジャンルはさまざまなので、音楽から良い効果を得るためには、適当に音楽を流しっぱなしではいけません。 今回は、音楽のリラックス効果を最大限に発揮する方法をいくつか紹介します。

目次

音楽のリラックス効果は科学的にも証明されている!

音楽を聞いて癒されると思っている人も多いでしょう。音楽のリラックス効果は根拠があって、科学的にも証明されていることなのです。音楽を聞くことでどんな効果があるのかを研究している学者は、音楽は心を安らかにする「セロトニン」を分泌させることができると述べています。また、世界で一番リラックス効果があるといわれている「無重力」という楽曲を聞くと、心拍数・血圧・コルチゾール(ストレスホルモン)を下げてくれるという効果があることが科学的に証明されています。

リラックス効果のある音楽とは?

とくにリラックス効果のある音楽は、「ヒーリングミュージック」とよばれるものです。ヒーリングミュージックとは、心理的に安心感を与えることを目的につくられた音楽のことです。

心を落ち着かせるメカニズムに、「1/fゆらぎ」というものがあります。「規則的な中にも不規則が混在しているゆらぎ」のことを「1/f ゆらぎ」といい、人は「1/f ゆらぎ」を感知すると、脳の自律神経を調整し、リラックスやストレス発散の効果が得られます。

ヒーリングミュージックは、この「1/fゆらぎ」の理論を応用してつくられているものが多いのです。

>>ヒーリングミュージックの効果に関する記事はコチラ

リラックス音楽の効果を高める流し方のポイント

音量

リラックス効果を高めたい時に意識したいのが音量です。うるさすぎると「騒音」と感じてしまうこともありますし、あまりに音量が小さすぎると今度は音が聞こえにくくなります。最もリラックス効果が期待できるのは、音量を「40デシベル以下」に抑えるということ。40デシベルは、「図書館の館内で聞こえてくる音」に近い音量です。

一度テレビや動画などの音を消し、耳ざわりにならない程度の音量で音楽を流すことが、リラックス効果を高めるコツとなるでしょう。

環境

リラックス効果を高めるためには、どんな場所で聞くのかというのも大切なポインになります。ヒーリングミュージックには、安眠効果があるものも多くあります。そのため、昼寝や夜寝る前などに、ベッドルームで聞くのもよいでしょう。ずっと音楽を流しているとiPhoneなどの電気を消耗するので、長さが調節できない音楽は自動で止まるスリープタイマー機能などを使うという方法もあります。

リラックス効果のある音楽の選び方

リラックス2.png

リラックスできる音楽として代表的なのが、自然の音です。

川のせせらぎや鳥のさえずり、波の音や木々のこすれる音などは「1/fゆらぎ」であるといわれており、私たちの心を落ち着かせてくれます。また、自然の風景や木や植物、動物などを見ていると、自然と心も癒されていきます。自然界の美しい音色とカラフルで美しい景観を堪能すれば、リラックス効果を最大限に得ることができるでしょう。仕事や人間関係で疲れたときは、自然の音をテーマにした音楽を流すとよいでしょう。

モーツァルトの楽曲

街のCD屋さんの「癒しのクラシックコーナー」で一番よく目にするのが、の音楽です。モーツァルトの音楽が癒される理由は、一定のフレーズの繰り返しが多く、それが「1/fゆらぎ」の効果があるから。ゆらぎの音を聞くと脳内がα波の状態になり、 α波はストレス解消や集中力の向上だけでなく、免疫力向上効果などもあります。

リラックス効果が高い楽器は、ピアノ、ヴァイオリン、オルゴールなど。これらの楽器はヒーリング効果が高い音色や表現力を持つ癒しの楽器の代表選手として有名です。また癒し効果が高い音楽のジャンルは、クラシックのほかにもジャズやオペラ、和風音楽などがあるので、リラックスしたい時はこれらの音楽を有効活用してみましょう。

好みの音楽でもα波がでることも

ヒーリングなどの音楽を聞いてα波がでてくると、脳を活性化させたり、ストレスをしずめたりする効果があります。

自然の音やモーツァルトの音楽からα波がでやすいのは確かですが、人によってはそれらの音楽を聞いてもあまりリラックスできないこともあります。じつは、α波は自分の好きな音楽を聞いてもでることがあるそうです。ヒーリングミュージックとは対極にありそうなハードロック、ヘヴィメタル、パンクなどでも、その音楽が好きな人はリラックスでき、α波をだすことができます。クラシックや自然の音が苦手なら、まずは自分が本当に好きだと思う音楽を聞くようにすると良いでしょう。

カフェなどの店舗でリラックス音楽を流すときの注意点

リラックス3.png

たくさんの人が癒しを求めてやってくるカフェやサロンでBGMを流すならば、リラックスできるような音楽がピッタリでしょう。しかし、どんな音楽にもそれをつくった人がいるため、楽曲の使用は著作権によって制限されています。そのため、勝手にお店で使用すると著作権の侵害にあたってしまうこともあるのです。

店舗でBGMを流すなど商用目的で楽曲を利用するには、著作権管理事業者(JASRACなど)への申請や支払いが必要です。手続きする方法はオンラインで申請する方法と、申込書を利用する方法の2つがあり、通常は申請してから実際にお店で音楽を流せるまでは2週間程度かかります。無事に著作権処理が完了するとJASRACからステッカーが交付されます。著作権処理済みの証であるステッカーは、店のドアなどに張っておきましょう。

YouTubeから流す場合

より簡単にヒーリングミュージックを流す方法は、YouTubeの動画を再生することでしょう。しかし、YouTubeに投稿されている音楽にも著作権はあり、そのような動画をカフェなどお店で使うことは罰則の対象となる場合があります。

YouTubeに公開されているフリー音源を使う場合でも、サムネイルや動画画像などに著作権がある場合もあるため、注意が必要です。万が一のことを考えると、店内のBGMにYouTubeを使うことはおすすめできません。

リラックス音楽を流すなら音楽配信サービスがおすすめ

店舗用BGMアプリとは

音楽配信サービスにはいろいろありますが、手軽に著作権処理が施された音楽を店舗で流すなら、店舗用BGMアプリの利用がおすすめです。

たとえば業務用BGMアプリ「OTORAKU -音・楽-」なら、プロがつくったプレイリストを業種や音楽ジャンル、季節や時間帯などのカテゴリから簡単に選ぶことができます。たとえばヒーリングミュージックを選びたいときは、業種カテゴリ内の「リラクゼーション」や、音楽ジャンル内の「HEALING」などから、すぐにイメージどおりのプレイリストを探せます。

さらに著作権処理済みの楽曲を自由に選曲して、自分のお店に合ったプレイリストをつくることも可能なので、BGMにこだわりたい方も満足できるでしょう。面倒な著作権処理の手続きも不要で、モバイル端末とWi-Fiがあればすぐに導入できます。

「OTORAKU 」には無料トライアルもあるので、気軽に試してみるのもよいでしょう。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidタブレット安心レンタルプラン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 5つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 950万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 950万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストがつくれる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-
自動課金なし!完全無料7日間スマホでも業務用BGMを試せる!簡単3STEP 今すぐ無料体験自動課金なし!完全無料7日間スマホでも業務用BGMを試せる!簡単3STEP 今すぐ無料体験