BGMの著作権について

お店で音楽を流す前に、
知っておきたい『BGMの著作権』

 録音物によるBGM

デジタル音楽プレーヤー(iPadなどのMP3プレーヤー他)、携帯電話やパソコンに取り込んだ音源(録音物)を無許諾でお店のBGMとして流すことは法律で禁止されています!

市販・レンタルCDからCD-RやPC、デジタル音楽プレーヤーに複製した音源を使ってお店でBGMを流す場合は、“私的使用のための複製” の範囲を超えますので、複製することについて、著作権(JASRACなど著作権者)および著作隣接権(歌手やレコード会社など著作隣接権者)の利用許諾が必要となります。無断複製した録音物を商用BGMとして使用することは違法行為となりますので、くれぐれもご注意ください。

  • デジタル音楽プレーヤーに複製した音源を使ってお店でBGMを流すイメージ
  • 市販のCDやレンタルCDからCD-Rにダビングしてお店でBGMを流すイメージ

 市販CDによるBGM

市販されているCDをお店のBGMとして流す際にも
著作権の手続きと著作権使用料の支払いが必要です!

お店でBGMを流す場合、市販CDなど複製に係る著作権・著作隣接権の手続きが済んだ音源をご用意いただいた場合でも、その音源をBGM利用(店内で流す)することについて、JASRACなどの音楽著作権管理事業者へ著作権手続き・所定の著作権使用料の支払いをしなければなりません。

  • 市販のDVD音源を使ってお店でBGMを流すイメージ
  • 市販のCD音源を使ってスピーカーでお店でBGMを流すイメージ

著作権申請から利用開始まで、
使用許可までにかかる日数

 BGM使用許可までの日数

著作権申請から利用開始までの流れ

商用利用における著作権の利用手続きには、いくつかステップがあります。
例えば使いたいCDがある場合、著作権管理事業者であるJASRACに申請。受理や支払いが済んで、実際にCDがBGMとして使えるようになるまで、おおよそ2週間程度かかります。

  • JASRACなど、
    著作権管理事業者への商用利用申請

  • 利用許可

  • 音源の利用開始

申請には2週間程度かかります

OTORAKU -音・楽- は、
著作権処理も安心

 面倒な「著作権使用料」の
支払いや手続きは不要

OTORAKU -音・楽- は、面倒な手続きをすべて代行します

「OTORAKU -音・楽-」を使えば、面倒な著作権申請の手続きや支払いは全てカバーされているので、オーナーさまがすることは一切ありません。OTORAKU -音・楽- の音源は、店舗BGMとして安心してお使いいただけます。

  • お問い合わせ

  • アプリをダウンロード

  • OTORAKU -音・楽- 利用開始

1週間程度で約500万曲の音源を、定額聴き放題(著作権使用料含む)でご利用が可能

お問い合わせ

導入サポートやサービス内容について、
まずはお気軽にご相談ください。