無料で7日間お試し

ページの先頭へ

音楽ストリーミングサービスのメリット・デメリット | 店舗BGMに使える?

音楽特集

音楽ストリーミングサービスのメリット・デメリット | 店舗BGMに使える?

音楽のストリーミングサービスは広く普及して、多数のサービスが存在します。 各サービスにはそれぞれ強みをがありますが、個人利用なのか店舗利用なのかで条件が変わるので、注意しないと著作権上のトラブルが発生する場合があります。 この記事では、音楽ストリーミングサービスを店舗用として利用するときの注意点をお伝えします。

目次

音楽ストリーミングサービスとは?

ストリーミングとは、データをインターネット上の映像や音楽などをすぐに再生する方式のことで、ダウンロードせずにスマホなどのモバイル端末から楽曲を聞くことが可能です。

アプリなので手軽に利用できるので、リラックスしたいとき、仕事や勉強に集中したいときなど、多彩なシーンでのBGM活用が可能です。

音楽ストリーミングサービスのメリット

ストリーミング2.png

音楽ストリーミングサービスはとにかく配信楽曲が豊富で、音質にもこだわったサービスが多くあります。

ほかの利用ユーザーがつくったプレイリストを利用したり、多彩なカテゴリからプレイリストを検索することも可能です。

音楽ストリーミングサービスには、他にもさまざまなメリットがあるので、代表的な要素をまとめてご紹介しましょう。

一定期間無料で利用できるサービスが多い

音楽ストリーミングサービスは有料サービスが基本になりますが、一定期間無料で体験できるものもあります。アプリなら特別な工事も不要なので、手軽にサービスを試せるのは大きな魅力です。サービスによって楽曲内容や充実しているジャンルなどが異なるため、初めて利用する方は比較してみるのもよいでしょう。

ダウンロードしてオフライン再生も可能

ストリーミングでは通常はダウンロード保存されませんが、ダウンロード後にインターネットがつながっていない状態(オフライン)でも再生できるサービスもあります。ただし音楽ストリーミングサービスについては、オフライン再生が可能な期間が限られている場合や、ダウンロード数の制限がある場合もあるので注意は必要です。また新譜は追加課金者のみダウンロードが可能など、サービスによって違いがあるので確認しましょう。

好みのプレイリストを作れる

音楽ストリーミングサービスは楽曲の豊富さが魅力で、自分好みのプレイリストをつくることもできます。シーンに合わせたプレイリストやアーティストごとのプレイリストなど、組み合わせは自分次第です。

またプレイリストの共有機能をもつサービスもあるので、同業種や似ている雰囲気のお店、人気店がどのような楽曲に興味をもって、どのようなBGMを流しているのかなど、参考にできます。

レコメンド機能の精度が高い

音楽ストリーミングサービスは、おすすめの楽曲を表示するレコメンド機能の精度が高いのも特徴です。会員数が多いためさまざまな店舗BGMの傾向を分析しやすく、それをサービスに生かしやすいからです。たとえば初期設定で業種や雰囲気などを設定すると、おすすめのプレイリストが表示されるなど、ぴったりのBGMを簡単に選びたいときは、とても便利な機能です。

音楽ストリーミングサービスを使うときの注意点

通信料に注意

音楽ストリーミングサービスは基本的にインターネットにつなぎっぱなしで利用することになります。

ダウンロードしてオフライン再生を行う場合も容量を使うため、通信料も高くなりがちです。インターネットへの接続方法を誤ってしまうとすぐに通信制限がかかる場合もあります。とくにスマートフォンで利用する場合は注意が必要です。

店舗のBGMなど商用利用はNG

多くの音楽ストリーミングサービスは個人利用を前提にしたものとなっています。個人向けの音楽ストリーミングサービスは、商用目的での利用はNGとなり、違反をすれば権利者から使用料を請求される可能性もあります。家族や友人と聞くといった個人で楽しむ範囲であれば問題は無いものの、利用目的には制限があるので注意しましょう。

音楽ストリーミングサービスの店舗利用はOK?NG?

音楽には著作権があり、CDなどの購入やサービスの契約方法によって、利用条件が異なります。

一般的な音楽ストリーミングサービスは個人での利用を条件にした価格で設定されています。

個人利用向けの音楽ストリーミングサービスは個人で楽しむことを前提で手続きが簡略化されているケースがほとんどで、それ以外の利用をしてしまうと著作権者や権利管理団体から使用料を請求される恐れがあります。これは音楽を聞かせることがサービスの一環とみなされ、その分の請求が発生する場合があるからです。

音楽ストリーミングサービスを店舗で利用する場合は、業務用の音楽ストリーミングサービスを選びましょう。

店舗BGMをCDから流す場合も著作権処理に注意!

ストリーミング3.png

著作権の問題は音楽ストリーミングサービスに限りません。

CDから流す場合も著作権処理には注意が必要で、利用方法を誤れば不正な利用として使用料を請求される恐れがあります。

店舗でBGMとしてCDを流す場合は、著作権団体や著作権者に申請が必要です。申請さえ行えば年額数千円などきめられた金額を負担するだけで利用ができるからです。注意したいのは楽曲によって著作権を管理する団体や著作権者が異なり、申し込みが必要な窓口が異なることです。

一般的にはJASRACにJASRAC管理曲のBGM使用申請を行うことになり、面積が500㎡までの施設では年額6,000円(税別)で利用が可能になります。くわしくは公式サイトで確認が必要ですが、自分が好きなCDを流したい場合は問い合わせが必要なケースが多くなります。

店舗でBGMを気軽に流すなら、店舗用BGMアプリ!

個人向けがほとんどの音楽ストリーミングサービスですが、店舗向けにBGMを流すために作られている音楽ストリーミングサービスもあります。アプリだとスマホやタブレットなどのモバイル端末があればすぐに利用できるので、初期費用をおさせて導入することができます。気になる楽曲の著作権処理もクリアになっていることも大きな魅力です。

店舗用BGMアプリなら「OTORAKU -音・楽-」

音楽ストリーミングサービスを利用してお店のBGMを流したい方は、BGMアプリ「OTORAKU -音・楽-」がおすすめです。モバイル端末とWi-Fiがあればすぐに利用でき、価格プランも多彩です。

プロが厳選したプレイリストを業種やジャンル、季節や時間帯などから簡単に選ぶことも、著作権処理済みの配信楽曲をつかって自分でプレイリストをつくることも可能です。BGMを手軽に選びたい派も、BGMにこだわりたい派も、どちらも満足できるでしょう。「OTORAKU」ではお手持ちのスマートフォンを使ってすぐに試せるので、気になる方は「OTORAKU」の無料トライアルを利用してみてください。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidタブレット安心レンタルプラン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 5つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 950万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 950万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストがつくれる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-
自動課金なし!完全無料7日間スマホでも業務用BGMを試せる!簡単3STEP 今すぐ無料体験自動課金なし!完全無料7日間スマホでも業務用BGMを試せる!簡単3STEP 今すぐ無料体験