無料で7日間お試し

ページの先頭へ

おしゃれなショップに不可欠なBGM!雑貨屋さん、インテリアショップのBGM効果について

店舗経営

おしゃれなショップに不可欠なBGM!雑貨屋さん、インテリアショップのBGM効果について

おしゃれなお店の雰囲気を決める重要な要素のひとつは間違いなくBGMです。雑貨屋やインテリアショップは、コーディネートや雰囲気をトータル提案することが大きな役割となっているため、いかにそのブランドや空気を魅力的に魅せるかが競合との違いを見せる勝負所となります。そこで今回は、おしゃれなお店にぴったりなBGMとその効果をご紹介します。お客様の感情や行動を決めるBGM選びのコツとは、一体どこにあるのでしょうか。

目次

BGMがもたらす効果とは

まずはBGMの効果についての理解を深めていきましょう。なんとなく耳に入ってくるBGMには実は様々な効果が隠されています。効果を理解すれば、「癒やされる気がする」「楽しい気分になる」など、お客様の心の動きをイメージコントロールできるようになるかもしれません。

マスキング効果

マスキング効果とはある音を発生させることで、他の音を隠す効果です。飲食店などで隣の話声が筒抜けになるのを防ぐ場面がイメージしやすいのではないでしょうか。人の声だけでなく、店舗周辺の騒音や雑音を消すためにBGMを活用することも可能です。雰囲気を守るためや、お客様に店舗の世界観を伝える手段としても有効です。

マスキング効果で騒音や雑談を遮断し、お店で買い物をするお客様がノンストレスな状況を作りだしましょう。

イメージ誘導効果

音楽は、短時間でも感情に訴えかけることができます。店舗に入った瞬間、BGMだけで「高級感を演出する」「おしゃれな雰囲気にする」など、店舗のイメージを印象づけることができます。これを音楽のイメージ誘導効果といいます。視覚要素のイメージを決めるのは、実は聴覚から受ける刺激の影響が大きいため、音で感情に訴えることができます。

無意識に流れている音楽もお客様の心理に影響を与えるので、BGMとリンクしてお店を思い出してもらうことも効果も期待できます。

行動誘導効果

行動誘導効果とは、感情に変化をもたらすと同時に行動にも影響を与える効果です。例えば、セール時では速いテンポのBGMでお客様の気分を盛り上げて、行動に勢いをつけることで購買意欲を促進します。逆に忙しくない時間帯では、遅いテンポのBGMを流してゆったりとした雰囲気にすることで、お客様の行動スピードを遅めて滞在時間を長くさせます。お客様が店内に常にいる状態をつくることでお客様が途絶えない印象を演出し、店内にお客様がはいりやすい雰囲気をつくることができます。

st21 _img01.jpg

店舗の雰囲気やターゲットに合わせてBGMを選ぶ

前述のように多彩な効果が期待されるBGMですが、具体的にはどのようなジャンルの音楽が、どのような影響を与えるとされているのでしょうか。

店舗BGMを選ぶときのポイント

店舗のBGMはどのような観点から選べば良いのでしょうか。まず重要なのは、店舗環境と客層に合わせることです。客層が広いようなら時間帯や曜日で客層を分析して、それに合わせたBGMを選ぶようにしましょう。それでもBGMのイメージがわかないという場合は、自店と同業者やコンセプトが似ているお店を参考にすると良いでしょう。

雑貨屋、セレクトショップなどでおすすめのBGM

当然ながら、店舗コンセプトに合わせたプレイリストなどを作成するのが望ましいのですが、ここでは代表的な例として雑貨屋さんやセレクトショップでよく流しているBGMとその効果についてご紹介します。

ジャズ

ジャズは19世紀末から20世紀初頭にかけアメリカ合衆国南部ニューオーリンズで生まれた音楽です。黒人独特のリズムとアドリブが特徴的です。「ブルーノートスケール」と呼ばれる黒人特有の半音下がる音階がセンチメンタルで大人な雰囲気を作りだすともいわれています。

通常のロックやブルース、J-POPなどの音楽は8ビートとリズムが細かいですが、ジャズは4ビートなので速く聞こえないですし、ウッドベースなどのベース音も心地よいです。ジャズアレンジされた日本の歌謡曲や子供向けの曲などもあるので、使い勝手も良いでしょう。

ボサノヴァ

1950年頃に若手ミュージシャンが生みだした、新しい感覚のサンバのことです。サンバと異なるのはドラムやパーカッションではなく、クラシックギターのバチーダがリズム構成を主に使われます。

春から夏の気候に合った温かい雰囲気を演出しやすい音楽ですが、アレンジによっては様々な場面で使用できます。親しみやすい空気を想像させる穏やかなハーモニーと柔らかな歌声などが、リラックス空間を演出できるでしょう。そのため、カフェやラウンジのような落ち着いた雰囲気のお店におすすめです。

POPS

POPS(ポップス)とは、大衆に広く知られ、好まれたポピュラーミュージックのことです。popularを短縮したpopという語が用いられた言葉のとおり、あらゆる時代の様々な音楽が包括的に含まれます。

「大衆的で明るい」「陽気」「元気でフレッシュ」なお店という印象を与えるために限定された客層を取り入れるのではなく、幅広い層に広く愛されるお店にしたい場合などが活用しやすいジャンルです。馴染みやすくて親しみやすい音楽が多く、ジャズやボサノヴァのように落ち着いた雰囲気でもなく、少し活気のあるイメージを印象づけるでしょう。

若い世代を取り入れたい時などは、積極的に最新のヒットチャートを流すなどの施策も有効です。

店舗BGMの選曲に迷った時は「OTORAKU -音・楽-」がおすすめです。「OTORAKU」はBGMのプロがつくった既存のプレイリストから選んで流したり、配信楽曲を使って自分でプレイリストをつくることもできます。業種・音楽ジャンル・季節・時間帯などのカテゴリから簡単に最適なプレイリストを選べるので、音楽に詳しくない方も安心です。また、店舗間でプレイリストを共有することもできるので、チェーン展開をしているお店なら、全店舗のBGMを統一して、店舗ブランドの雰囲気を同じにすることができます。気になる楽曲の著作権申請の手続きや支払いも、全てカバーしているのも安心です。

大きな特別な機材などは不要で、モバイル端末とWi-Fi環境があればすぐに導入できます。

st21 _img02.jpg

店舗BGMを効果的に使おう

店舗BGMには人々の行動に影響を及ぼす効果が期待できます。何気なく耳に入る音楽は、無意識でもお客様の感情に影響を与え、店内での行動などに結びついています。逆に言えば悪い影響も与えかねませんので、居心地が良く、購買意欲を促進させるような音楽を常に再生しておくように心がけましょう。

BGMは店舗のブランドイメージに大きく影響します。今回は、ジャズ、ボサノヴァ、POPSをご紹介しましたが、なるべく多くの選択肢をもって、最適なBGMを選べると良いでしょう。効果的なBGMの運用を検討したい方は、「OTORAKU」などの手軽で本物志向のBGMサービスがおすすめです。「OTORAKU」ならスマホですぐに無料で試せるので、まずは無料トライアルを利用してみてはいかがでしょうか。

上記コンテンツで自社と同じジャンルのお店を参考に~という流れがあるので公開機能の訴求を追加するのはいかがでしょうか。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidタブレット安心レンタルプラン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 950万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 950万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストがつくれる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-