無料で7日間お試し

ページの先頭へ

音楽が与える心理を経営に活用?BGMは従業員とお客さんへの効果で選ぶ

店舗経営

音楽が与える心理を経営に活用?BGMは従業員とお客さんへの効果で選ぶ

音楽は人間の行動心理に対して、ポジティブな影響とネガティブな影響のどちらかを与えます。その特性から近年では、店舗経営をはじめとする様々なビジネスに音楽が活用されています。わかりやすい例が、スーパーマーケットの店内BGMです。店舗の売り上げ向上を目的に、店内状況や時期・時間帯に合わせて複数のBGMを使い分けています。そこで今回は、音楽が人の行動心理に与える影響や店舗経営におけるBGMの活用法、商用での利用が可能なおすすめの音楽配信サービスをご紹介します。

目次

st20_img01.jpg

音楽が人の心理に与える影響

まずは音楽が人の心理に与える影響からお話しします。知識としてもっておけば、店舗経営においても上手く活用できるようになるでしょう。

なぜ音楽が人の行動に影響するのか?という疑問

音楽が人の心理や行動に影響する理由は、人間の感情に対して直接的に訴えかけるということがあげられます。具体的にいうと、聴覚は人間の大脳、つまり感情をつかさどる部分と結びついています。喜びや怒りといった感情とのつながりが深いため、音楽を通じてその影響を受けると考えられます。例えばアップテンポな楽曲を聞くと元気になったり、逆に悲壮感がただよう楽曲を聞いたときは悲しい気持ちになったような、そんな経験はないでしょうか。

音楽が人の行動心理に与える影響は、ポジティブな影響とネガティブな影響の2種類に大別されます。仮にスーパーマーケットなどの小売店で流すBGMなら、聞く人に「どのような行動をとらせたいのか」をよく考えたうえで、上手にBGMを使い分ける必要があるでしょう。

st20_img04.jpg

スーパーマーケットの従業員の作業効率をあげるには

スーパーマーケットで流すBGMは、従業員の作業効率にも影響します。ここでは作業効率を上げるBGM選びのポイントをご紹介しましょう。

スーパーマーケットの仕事の特徴を考えよう

スーパーマーケットの仕事では従業員同士の連携が重要となります。例えば、雨が降ってきたらBGMを変えて傘袋を出すなどの合図にしたり、掃除やレジのヘルプなどのタイミングでBGMを変えたりするのも有効です。これにより、従業員だけに伝わる業務連絡として音楽を活用できます。

スーパーマーケット内では品出しからレジ対応まで様々な作業が行われます。しかし、その多くは決まった手順で繰り返されるルーティンワークが中心となります。従業員が心理的に飽きてきたり、集中力が失われたりするケースも少なくありません。そこで、ルーティンワークに対して集中力を維持しやすいタイプのBGMを流すと良いでしょう。

従業員の作業効率アップにぴったりのBGMとは?

ルーティンワークを行うときに流したい理想的なBGMとして、一定のリズムかつアップテンポな楽曲があげられます。なぜならBGMのテンポが速ければ速いほど、それだけ作業スピードも上がりやすくなる効果があるからです。逆にテンポがバラバラな曲をランダムに流すと、作業効率が落ちる恐れがあります。リズムとテンポに着目して最適な楽曲を探してみましょう。

スーパーマーケットの売り上げをあげるには?

スーパーマーケットのBGMは従業員だけでなく、来店客にも影響を与えます。BGMを上手く活用することができれば、売り上げアップにつなげることが可能です。スーパーマーケットの売り上げに直結するような効果的なBGM選びについてご紹介します。

混雑状況で使い分ける

BGM選びのポイントとして、店内の混雑状況に応じて複数のBGMを使い分ける運用方法があります。例えば、夕方から夜にかけての混み合う時間帯に流すBGMはアップテンポな音楽がおすすめです。軽快な曲調にあわせて来店客の行動速度が速まり、混雑状況の緩和を促すことで、混雑による来店客の不快感をやわらげる効果につなげることができます。

逆に来店客が少ない時間帯なら、スローテンポの音楽を流すと良いでしょう。行動スピードがゆっくりとなる音楽効果で来店客を長く店内にとどめ、様々な商品に目を向けてもらうことができるので、店舗全体の売り上げアップの効果が期待できるでしょう。

シーズンにあわせて音楽を使い分ける

シーズンや時間帯に合わせてBGMを使い分けるのもひとつの手です。例えば、セールを行っているシーズンや時間帯では、アップテンポな曲をかけてみましょう。利用客の気持ちを高揚させて購買を促すことができます。

また、開店直後には気分を盛り上げるBGMで来店客の購買意欲をひきだし、閉店間近では閉店を連想させるBGMで閉店時間を意識させて購買の決断を促すなど、音楽で来店客の行動心理を刺激することが可能です。シーズンや時間帯によって流すBGMが定着すれば、音楽そのものが広告代わりになります。「○○の曲が流れたからセールかな?」と来店客に思わせれば成功でしょう。

シーンごとにBGMの切り替えを行うためには、いくつかプレイリストをつくっておくのがおすすめです。手動で入れ替えが必要となるCDなどの音源では難しいですが、音楽配信サービスを利用すればプレイリストの作成も切り替え再生も簡単にできます。

st20_img02.jpg

多彩な種類の音楽が必要なら「OTORAKU -音・楽-」がおすすめ

音楽は人の行動心理に大きな影響を与えるので、シチュエーションに合わせて様々なBGMを用意すると良いでしょう。しかし、いざBGMを用意しようとしても何を流せばよいのか分からなかったり、目当ての楽曲を探すのに手間がかかってしまいがちです。

また、音楽をスーパーマーケットの店内BGMとして使用する場合、基本的には商用利用となり市販されているCD音源などを無許可で使用することはできません。そこでおすすめしたいのが、業務用にも最適な音楽配信サービス「OTORAKU -音・楽-」です。

スーパーマーケットのBGMにもぴったり

OTORAKU」は商用目的で利用できる音楽が豊富に使える定額制の音楽配信アプリです。音楽ジャンルは多彩で配楽曲数も多いので、目当ての楽曲がないというストレスも軽減されます。また、業種や音楽ジャンル、季節や時間帯などのカテゴリからBGMのプロがつくったプレイリストを簡単に簡単に選ぶことができます。さらに、プレイリストを自分でつくれるので、シーン別でいくつか作成しておくと効率的です。もちろん全楽曲は著作権処理済みなので、著作権関連の手続きや支払いは不要。効果的なBGMをベストタイミングで、好きなだけ流せるのが「OTORAKU」の魅力です。

コストの面でも魅力的

音楽配信サービスを利用するときは、コストがお得になる長期プランでの契約がおすすめです。例えば「OTORAKU」の価格プランでは、1ヵ月ごとに更新させる通常プランが月額3,780円(税別)、2年割プランは月額3,380円(税別)、3年割プランなら月額2,980円(税別)となっており、3年更新のプランが一番安くなっています。BGMの長期運用を検討されているなら、3年割プランがおすすめです。

音楽で人の心理をつかんでより良い店舗へ

人の行動心理に大きく関わる音楽。それを上手く店舗経営に活用できれば、従業員の作業効率が向上したり、店全体の売り上げアップを底上げすることができます。BGMで来店客の行動心理をつかみ、より良い店舗に変えていきましょう。その手助けをしてくれるのが、著作権許諾に悩まされず安心して利用できる「OTORAKU」です。手持ちのスマートフォンやタブレットで簡単に試せる無料トライアルがあるので、本契約を結ぶ前に一度試してみてはいかがでしょうか。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidタブレット安心レンタルプラン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 950万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 950万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストがつくれる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-