無料トライアル

ページの先頭へ

BGMで売り上げアップ!男性向けアパレルショップのBGM活用術

店舗経営

BGMで売り上げアップ!男性向けアパレルショップのBGM活用術

アパレルショップ経営において、店内BGMはとても重要な役割を果たします。BGM選びが売り上げに影響する、と言われることもあるほどです。取り扱うアイテムやお店のコンセプトによってベストなBGMは異なります。今回は、男性向けアパレルショップにおけるBGMの選び方や、売り上げを伸ばすBGMの特徴をご紹介します。

目次

st17_img01.jpg

アパレルショップのBGM選びで重要なポイントは?

BGMは利用客の行動心理に影響を与えるだけでなく、店舗の雰囲気を決定づける要素でもあります。ここでは、アパレルショップのBGM選びにおいて重要なポイントを解説します。

ファッションの傾向別・BGM選び

アパレルショップといっても、それぞれ取り扱うファッションアイテムの傾向は異なります。特にファッションの種類によっては、音楽と深い結びつきがあるケースも。BGMとして使用する音楽においても、厳しい選定が必要となるでしょう。あわせて、とくにメンズファッションの場合、ブランドなどが持つ歴史を重視する傾向にあります。そのため、歴史的に強く結びついている音楽をセレクトするのもよいでしょう。

例えば、ファッションと強く結びついた音楽ジャンルとして「パンクロック」があげられます。パンクが誕生した直後、このジャンルを牽引した伝説的なバンドはブティック経営者のプロデュースによって結成された、ということは有名な話です。

また、ストリートファッションは多くのヒップホップアーティストに愛用されています。このファッションジャンルをリスペクトし、それによって誕生したブランドやデザインなどは少なくありません。今一度、自店で扱うファッションと強く結びつく音楽がないか、歴史的背景を中心に調べることをおすすめします。それらを店内BGMとして活用するだけで、利用客にお店のコンセプトをアピールしやすくなるでしょう。

もしファッションの種類と音楽に歴史的なつな がりがない場合は、ターゲット層に合わせた音楽を選ぶのも手です。例えば、20代前半の男性会社員をターゲットにするならば、その層に人気のJ-POPソングや洋楽などをBGMにするのがおすすめです。できるだけトレンドを重視したBGM選びを意識してみましょう。

「ファッションの持つ歴史」「音楽との結びつき」「ターゲット層の好み」といった3点を意識し、あなたのショップに合ったBGMを探してみてください。

アパレルショップの売り上げを伸ばすBGMとは?

BGMは、アパレルショップの売り上げにも影響します。さらなる売り上げ向上を目指すため、BGMを選ぶ際は以下のポイントを意識してみましょう。

1.流しているBGMの知識も身につける

どのようなBGMを選ぶにしても、流している音楽に対する知識があるとよりよいでしょう。例えば、前述したメンズファッションは、音楽との結びつきが強く、同時に歴史が重要視される傾向にあります。そこで、利用客に流しているBGMの歴史などを説明できれば、セールストークに磨きがかかります。ファッションとの関係性についても説明できれば理想ですが、まずはBGMに関する知識を身につけることからはじめましょう。

2.テンポの速い曲を流す

店内の雰囲気にもよりますが、テンポの速い曲には購入意欲を高める効果が期待できます。たとえ同じジャンル・アーティストの曲であっても、できるだけアップテンポのBGMを選ぶのがおすすめです。

ただし、ラグジュアリーブランドをメインで取り扱うショップには、気分が落ち着くスローテンポのBGMをおすすめします。利用客に時間をかけて検討してもらう際に、あまりにアップテンポな曲では落ち着かないからです。

3.季節を先取りする

アパレルショップでは、冬に春物を売り出すなど、季節を先取りしたアイテムを販売するケースが少なくありません。そこでファッションアイテムに合わせ、音楽も季節を先取りしたものを選んでみましょう。注意点として、サーフミュージックのように季節感が強すぎるBGMでは、お店全体の雰囲気が変わってしまいます。適度に季節感のある曲、またイベント感のある曲を織り交ぜることにより、利用客の気分を盛り上げ、購買意欲を高めることができるでしょう。

4.閉店前にお決まりのBGMを流す

アパレルショップのBGMに限った話ではありませんが、閉店の前にお決まりのBGMを流すのも効果的です。これにより、利用客が気付かないうちに閉店時間を迎え、購入品を選べなかったなどの事態を防ぐことができます。また、従業員への閉店準備の合図としても利用可能です。

st17_img02.jpg

店舗コンセプトに合った音楽を流せるBGMサービス

アパレルショップにおいて、雰囲気づくりだけでなく、売り上げ向上においてもBGMは大きな役割を担います。とはいえ、具体的にどのようなBGMを流せばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。ここでは、お店のコンセプトに合ったBGMサービスについてご紹介します。

国内はもちろん、海外のインディーズレーベルにも対応

店内BGMは、音楽ジャンルが多彩で楽曲数も豊富な音楽配信サービスから探すことをおすすめします。なかでも店舗用BGMサービスとしてあげられるのが「OTORAKU -音・楽-」です。「OTORAKU」ならCDを探して購入したり、入れ替え作業をしたりする必要もなく、豊富な配信楽曲から自由に選んで再生することができます。また、国内だけではなく海外のインディーズレーベルなどにも対応しています。BGMの選択幅がさらに広がるため、よりショップのコンセプトにマッチした音楽を見つけやすいでしょう。BGMのプロや有名アーティストがつくったプレイリストも豊富にあるので、BGMのコンセプトは同じなのに新鮮さを感じる空間演出を目指すことができます。

選曲・操作も簡単

「OTORAKU」は、初見でも使いやすい操作性のよさから、楽曲の追加や確認をスピーディーかつ簡単に行えます。あまり機械類の操作が得意ではないという方でも、すぐに使いこなせるでしょう。

コンパクトなモバイル端末があれば簡単に導入が可能

「OTORAKU」は、タブレットなどのモバイル端末で利用できるサービスです。サービスを導入するための特別な機器は不要で、Wi-Fi環境と対応するモバイル端末さえあればその日から導入できます。モバイル端末を使うので、ショップのレイアウトの邪魔にならず、インテリアの雰囲気を壊すこともありません。店舗スペースの問題から、本格的なBGMサービスの導入を諦めていた方にもおすすめです。

「OTORAKU」ならアパレルショップのコンセプトに合ったBGMが選べる

アパレルショップにおいて、音楽は重要な要素のひとつです。空間を演出するBGMはいかに店舗コンセプトに合ったBGMを見つけられるかが鍵といえるでしょう。

「OTORAKU」では、豊富な楽曲からお店にぴったりなBGMを簡単に見つけることができるので、BGMに悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。導入前に実際の使い心地を確認したい方は、全楽曲を利用できる無料トライアルがあります。プレイリストや配信楽曲・操作性など、お手持ちのスマートフォンですぐにお試しできるので、ぜひ体験してみてください。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidプレゼントキャンペーン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 900万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 900万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストが作れる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-