無料トライアル

ページの先頭へ

職場のBGMが悩みのタネ?ストレスを感じる音に注意

店舗経営

職場のBGMが悩みのタネ?ストレスを感じる音に注意

暮らしの至るところでBGMが流れる 現代において、音楽を耳にしない日はないといっても過言ではありません。それは毎日通う職場も例に漏れず、近年では社員のストレス軽減などを目的に、職場用としてBGMを導入する企業が増えています。 一方で、職場用BGMにはポジティブな面とネガティブな面の両方があります。曲の選び方を間違えると、ネガティブな要素のみ強くなる可能性があるので要注意です。そこで今回は、職場用BGMを利用する際の注意点や 人がストレスを感じる音の特徴、また、利用しやすい音楽配信サービス についてご紹介します。

目次

st16_img01.jpg

職場のストレスを増加させる!BGM利用の注意点

日本は世界屈指のストレス社会と呼ばれています。2015年に行われた調査によると、入社3年目までの新社会人のうち83%もの人がストレスを感じると回答しました。その対策として、近年では社員のストレス軽減を目的に、職場用BGMを導入する企業が増えています。しかしBGMの内容によっては、逆にストレスを与えてしまうケースもあるのです。

ストレスを与える選曲

音楽がもつ効果として、ストレスの軽減やリラクゼーションなどの効果が期待できます。一方で、選曲を間違えるとストレスにつながる可能性もあります

例えば、延々と同じ曲を流し続けると人は飽きを感じ、それがストレスとなることがあります。また、気分に合わない音楽もストレスの原因です。落ち着いた音楽に興味がない人に対し、静かで単調な曲を長時間にわたって聞かせるのはおすすめしません。退屈に感じられたり、イライラを招く場合もあります。

音楽によっては、時間の流れが遅く感じられることもあります。特に遅いテンポの曲は、体感時間まで遅くさせることがわかっています。そのような曲が流れる環境にいると、社員の集中力が途切れやすくなり、結果的にモチベーションまで下げてしまうでしょう。対策として考えられるのは、クラシックなら交響曲のように長い曲ではなく、演奏時間が短いコンパクトな曲を流すことです。

このように、ストレス軽減を目的に導入したBGMが、逆にストレスの原因となるケースは少なくありません。職場にBGMを導入したところで、選曲を間違えると逆効果なのです。

ストレスを与える音

音楽ではなく、職場内で発生する音そのものがストレスになることもあります。わかりやすい例が雑音(ノイズ)です。BGMを流すにせよ、あまりに音量が大きすぎるとノイズ(雑音)として認識するため、結果的にストレスの原因となります。雑音に満ちた職場環境では、社員も本来のパフォーマンスを発揮できません。会話が阻害されるほか、人に指示を出す際や、電話応対の際にも 聞き取りづらくなります。個々の集中力が失われるのはいうまでもないでしょう。

そんなノイズにも様々な種類があります。例えば、スピーカーなどの音響機器の不調によって発生するノイズです。"ピー"や"ガー"といった音響機器のノイズは、確実にストレスへとつながります。逆をいうと、職場で利用する音響機材や音量を見直すだけで、社員のストレス軽減は可能ということです。人によって適切な音量やノイズの感じ方は異なりますので、できるだけ多くの人がストレスを感じにくくなるように調整しましょう。

職場環境におすすめのBGM

職場にBGMを導入する際、作業効率の向上やストレス軽減など、多くの方がポジティブな効果を期待することでしょう。そのためには、それぞれの職場環境に適したBGMを選定する必要があります。ここでは、どのようなBGMが職場に適しているのかをご紹介します。 

集中力や企画力をあげ、モチベーションを高める音楽が理想

仕事で重視されるポイントは、集中力・企画力・モチベーションなどでしょう。これらを高めるBGMの具体的な例として、好みに左右されないクラシックや環境音などがおすすめです。これらのBGMには心を落ち着かせ、リラックスさせる効果があります。

また、人はリラックスできる音楽を聞くと、脳内のアルファ波が増幅します。これによりストレスの沈静化や脳の活性化、免疫力の向上といった効果が得られるのです。当然、ストレスが沈静化すれば集中力が高まり、作業効率の向上が期待できるでしょう。脳も活性しやすくなるため、企画力やモチベーションの向上にも繋がります。ただし、クラシックがいかに効果的とはいえ、延々とリピートするのは禁物です。社員を飽きさせないためにも、複数の楽曲を上手く組み合わせ、変化を演出するようにしましょう。

なお、質が異なるBGMの活用は、飽きを防止するだけでなく、自律神経にリズムをつけるうえで有効とされています。例えば、交感神経と副交感神経は環境によって刺激され、活性化することがわかっています。どちらか一方のみが活性化するとバランスが乱れ、ストレスや心身の不調を引き起こしてしまう可能性も考えられます。職場のBGMを選ぶ際には、音質や曲調の変化にフォーカスすることをおすすめします。

st16_img02.jpg

毎日違う楽曲を流せる「OTORAKU -音・楽-」がおすすめ

飽きがストレスにつながることを踏まえると、できるだけで毎日異なる音楽を流すのがおすすめです。もし適切な音楽を準備する手間を省きたいなら、近年注目されている音楽配信サービスのひとつ、「OTORAKUが手軽です。

オリジナルプレイリストの作成機能と多彩な既存プレイリスト

音楽を流す手段としてあげられるのが、CDやラジオなどです。ただし、CDでは再生できる曲数が限られるほか、ラジオでは好きな曲を選ぶことができません。その点、音楽配信サービスの「OTORAKU」なら、豊富な配信楽曲の中から楽曲を選んで自分でプレイリストをつくることができるので、例えば午前中と午後用のプレイリストや曜日ごとにプレイリストを分けるなど、時間や状況に合わせたプレイリストを流すことができます。

また、あまり音楽に詳しくなかったりBGM選びが手間に感じるときなどは、業種やジャンル、季節や時間帯などからプロがつくった既存プレイリストを選んで流せるので、誰でも簡単に効率よくBGMの運用ができます。様々なタイプの音楽が求められる職場用BGMには、おすすめのサービスです。

スマホで気軽に試せる「14日間 無料トライアル」

「OTORAKU」では14日間の無料トライアルがあるので、導入前に一度試したい方は、お手持ちのスマートフォンでまずは試してみるのもよいでしょう。もちろん、お試し期間でも全楽曲が利用でき、プレイリストの作成も可能です。お試し期間中につくったプレイリストは、導入後もそのままプレイリストのデータは引き継がれるため、お試しから導入まで日にちを空けずスムーズに導入することができます。

BGMを利用して快適な職場づくり

BGMをうまく活用するだけで、職場環境がより快適になります。とはいえ、楽曲の選び方には気を配るようにしましょう。安易に選曲することで、BGMがストレスの原因になるなど、逆効果になるケースもあります。豊富な楽曲があり簡単に使える、「OTORAKU」のような音楽配信サービスを利用することでストレスフリーな職場環境を目指してはいかがでしょうか。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidプレゼントキャンペーン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 900万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 900万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストが作れる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-