病院におけるBGMの効果、おすすめの音楽とは?

店舗経営コラムイメージ店舗経営コラムイメージ
店舗経営

BGMが必要なのは飲食店や雑貨店、アパレルショップに限らず、病院においてもBGMの導入は非常に効果的です。そこで今回は、病院におけるBGMの効果やおすすめの音楽についてご紹介します。病院を運営している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

店舗経営コラムイメージ店舗経営コラムイメージ

BGMが患者への配慮に繋がる! 嬉しい3つの効果

病院でBGMを流すことで得られる効果には、主に以下の3つがあげられます。

患者の緊張や不安を和らげることができる

検査や治療を受ける患者の多くは、待合室で緊張と不安を抱えています。BGMを流すことで、そんな患者の緊張や不安を緩和させることが可能です。1/fのゆらぎが取り入れられた音楽など、人が自然とリラックスできるような音楽を流すことで、安らぎを与えることができるのです。
※ろうそくの炎の揺れや波の音など、規則的・不規則的なものが調和した状態。その音はヒーリング効果があると言われています。

こうしたBGMによる効果は、数々の研究で立証されています。例えばメキシコでは、治療前の患者に音楽を聞いてもらい、それが緊張や不安の緩和につながるかを調べる研究が行われました。その方法は、同程度の不安を感じている患者を2つのグループに分け、一方のグループには治療前に音楽を聞かせて、もう一方のグループには聞かせないというもの。その結果、治療前に音楽を聞いた患者は音楽を聞かなかった患者に比べて心拍数や血圧が低くなりました。また、ストレスを感じると増加する唾液中の“コルチゾール”の量も少ないという結果に。これにより「音楽を聞いた患者のほうが緊張や不安が和らいでいる」ことが分かりました。

検査や治療の前に緊張や不安を緩和させなければ、過剰に血圧が上昇したり、心拍数が早まったりして、正しいデータが取れない可能性があります。正しいデータを得ることは、病気との因果関係を明確にする上で重要なこと。誤った判断を防ぐためのひとつの手段としても、病院におけるBGMは必要だと言えます。

待ち時間を短く感じさせることができる

患者にとって待ち時間は、短ければ短いほどよいもの。待合室にBGMを流すことで、“感情誘導効果”により待ち時間を短く感じさせることが可能です。ポイントとなるのは、ややアップテンポで明るい音楽を流すこと。ゆったりとしたスローな曲調ばかりではなく、時々テンポがよい明るめの音楽を流すことで、時間の流れも早く感じさせることができるのです。
ただし、患者の中には体調が優れないことで精神的にも肉体的にも苦しい状態にある方もいますので、アップテンポな音楽が不快音になってしまうことも。そのため、待合室でBGMを流す際は音楽の選定に十分配慮することが大切です。

診察室からの個人情報漏洩を防止できる

BGMの効果のひとつに、不快な音(雑音など)を掻き消す“マスキング効果”があります。これは、病院の診察室でも役立つ効果です。病院によっては診察室が部屋として独立していなかったり、待合室と診察室がカーテンで仕切られているだけだったりする場合もあります。そのような診察室で患者のプライバシーに関する話をしてしまうと、他の患者に個人情報が漏れてしまう恐れが。そこでBGMを活用すれば、マスキング効果により個人情報の漏洩を未然に防ぐことができるのです。
病院におけるBGMは患者をリラックスさせるだけでなく、音のカーテンとしての重要な役割も果たしてくれます。

病院でBGMを有効活用すれば、患者にとってよりよい空間を作ることができます。病院を運営されている方は、ぜひこの機会にBGMを導入してみてはいかがでしょうか。

手術室にも音楽を! 患者・医師にもたらす効果とは

病院におけるBGMは待合室や診察室だけでなく、手術室でも役立てることができます。

例えば、患者の意識がある中で行う局所麻酔の場合、無音の空間だと緊張状態が続いてしまい、患者の考えがマイナスに働く恐れがあります。BGMを流すことで、緊張や不安を緩和させたり、意識を紛らわせたりすることができるため、患者に安心感を与えることができます。実際に、ある病院では患者が手術室に入ってから麻酔を施すまで、患者が希望した楽曲を流しているそうです。

手術室におけるBGMは、患者だけでなく医師にとってもよい効果をもたらします。例えば医師の希望に合わせたBGMを流せば、手術に対する集中力が高まりミスの防止に一役買ってくれます。ミスが絶対に許されない環境の中、BGMによって高い集中力をキープできるのは、医師にとって非常に大きなメリットだと言えます。

空間演出に役立つだけでなく、人間の感情にもよい効果をもたらすBGM。手術室に導入することで患者をリラックスさせ、さらには医師の集中力を向上させることもできます。「手術室にはまだ取り入れていない」という病院は、ぜひBGMの導入を検討してみてください。

店舗経営コラムイメージ店舗経営コラムイメージ

おすすめはコレ! 病院のBGMにぴったりな3つの音楽

音楽と一口にいっても、その種類は様々。病院で流すなら、クラシック音楽やヒーリングミュージック、童謡などがおすすめです。

ゆったりとした曲調が特徴的なクラシック音楽は左脳を休ませるので、リラックス効果があると言われています。そのため、患者が緊張や不安を抱きやすい待合室や手術室などにぴったりです。
ヒーリングミュージックは、安らぎを感じさせる効果があると言われています。その理由は、ヒーリングミュージックの多くに1/fゆらぎが取り入れられているため。耳にするだけでホッと心を落ち着かせることができるので、クラシック音楽同様、待合室や手術室などで流すのが望ましいと言えます。
童謡は、小児科の待合室や診察室で流すのがおすすめ。子どもたちが聞き慣れている音楽を流すことで、緊張感を与えない空間を作ることができます。

病院でBGMを流す際は、患者だけでなく医師や看護師などスタッフのことも考慮することも大切です。例えば、スタッフの休憩室ではJ-POPなど眠気が覚めるような明るめの音楽を流してみましょう。カルテの整理などを行う時間帯には、アップテンポの音楽を流すことで作業効率がよくなります。

「誰に向けたBGMなのか」という点を意識することで、より適切な音楽を選ぶことができます。病院にBGMを導入する際は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

BGMは、病院でも役立つ空間作りの要素のひとつ。待合室では緊張や不安を和らげる効果のあるクラシック音楽やヒーリングミュージックを、そして小児科では子どもの気を引く童謡をというように、場所ごとに音楽を使い分けることで、最適な空間を作ることができます。

店舗用BGMアプリ「OTORAKU -音・楽-」は、国内外の様々な音楽ジャンルの楽曲が随時配信されています。クラシック音楽はもちろん、ヒーリングミュージック、キッズ向けのプレイリストなど、プレイリストは多彩です。タブレットとWi-Fiで簡単に導入できるため、端末の移動も容易で場所もとらず、とても便利です。ぜひこの機会に、「OTORAKU」をご検討してみてはいかがでしょうか。

関連コラム

自分でプレイリストが作れる

タブレットWi-Fi
簡単導入
OTORAKU -音・楽-ロゴ
  1. 著作権処理済み
    設置工事は不要
  2. オリジナル
    プレイリストが作れる
  3. 900万曲の
    楽曲が流し放題

お問い合わせ

導入サポートやサービス内容について、
まずはお気軽にご相談ください。

※14日間無料トライアルには、対応端末が必要となります。対応端末はこちら