無料で7日間お試し

ページの先頭へ

BGMで店舗を演出!ヘアサロンにおすすめのBGMと注意点

音楽特集

BGMで店舗を演出!ヘアサロンにおすすめのBGMと注意点

気分転換や季節の変わり目にヘアサロンに訪れる人は多いでしょう。町中に点在するヘアサロンを選ぶポイントは人それぞれですが、なかでも居心地の良さは重要な店選びの基準となります。内装や小物などのインテリアはもちろん、その空間にぴったりで時節柄や流行に合わせた音楽が流れていることで、より一層お客様の心をつかむことができるでしょう。ただし、BGMを店内で流すためには著作権管理が必要となります。そこで今回は、ヘアサロンの雰囲気をワンランク上のものにすることができる音楽やBGMの著作権管理についてご紹介します。

目次

ヘアサロンの雰囲気をさらに良くする方法

雰囲気をよくするためには、その店舗のスタイルや営業エリア、お客様の年齢層に応じて最適な方法を選ぶ必要があります。店舗ごとに最適な「雰囲気」を模索するのは簡単ではありませんが、一例として「あからさまな演出」ではなく、「さりげない演出」が好まれることを念頭に置いておくと良いでしょう。

ヘアサロンはBGMで「さりげない演出」を

冒頭でお伝えしたように、季節ごとのヘアスタイルの変化など、お客様は変化を求めて来店することが考えられます。そのため、時節柄や流行をさりげなく入れておくと良いでしょう。流行の音楽は、話のキッカケになることもありますし、特定のジャンルに絞れば店舗の雰囲気を統一できます。

レイアウトの変更などの大胆な変化は客離れにつながることもあるため、まずはBGMを変えるなど、細部から変更してお客様の反応を見てみましょう。季節やイベントに合わせたBGMを使用すれば、店舗空間を手軽に演出できます。

ヘアサロンでオススメのBGM

それではどのような音楽がヘアサロンのBGMとして人気があるのでしょうか。いくつかオススメを紹介します。

ハウスミュージックやカフェ風ミュージック

バラードやJ-POPBGMとして流したいと思う経営者の方も多いかもしれませんが、歌詞が日本語だとその意味まで無意識に考えてしまうお客様もいます。そのため非日常のリラックス空間としては情報量が多くなってしまい、イメージを崩してしまう場合があります。そこで、カフェミュージックやハウスミュージックなどがオススメです。耳触りが良いのはもちろんですが、癖があまりないため、どちらも自然に意識を通過していくような音楽です。ヘアサロンの雰囲気を壊さない最適な音楽のひとつと言えるでしょう。

ハワイアンやヒーリングミュージックもおすすめ

上記のハウスミュージックに加えて、ハワイアンやヒーリングミュージックもおすすめのラインナップです。季節やお店の内装に合うようなら、ハワイアンのウクレレの音をチョイスするのも良いですし、波の音や風の音などをBGMとして使うのもリラックス空間を演出できる手法です。ハワイアンやヒーリングミュージックは楽曲も多彩にあるので、BGM選びにも困りません。

ms15_img01.jpg

BGMは著作権管理が重要

さて、ここまでBGMについて触れてきましたが、BGMは楽曲の著作権を守って初めて使用できるものです。無許可で使用すると著作権侵害になってしまう場合があります。BGMをお店で流す前にまずは著作権に関する知識を理解して、スムーズな処理を行いましょう。

著作権をクリアしてBGMを流す方法

著作権の問題は素人には少し難しい内容も含まれています。しかし、「ついうっかり」では済まないのがこの著作権の問題です。BGMとして店舗で音楽を流すときは、以下のような方法があるので、確認しましょう。

1.テレビやラジオを流す

AM・FMなどのラジオ放送も著作権手続き不要でBGMとして流せますが、インターネットラジオの独自コンテンツをお店のBGMとして流す場合は、基本的にBGMの利用許諾手続が必要になります。

2.JASRACなどの音楽著作権管理事業者に使用申請をする

こちらが一般的な流れです。煩雑な手続きが必要ですが、自由に選曲が可能です。音源は自分で用意する必要がある点と、利用料金が発生する点を理解しておきましょう。

3.有線放送や店舗用BGMアプリの利用

最近では主流となりつつあります。手続きが簡単で、自分の希望通りの楽曲を豊富なリストから選べます。また利用料金も比較的低価格ですし、代行で著作権処理をしてくれているため、CDなどを店舗で流す際にも気にすることなく使用できます。

ヘアサロンの著作権処理は経営者にとって必須の課題

経営者のカバーする領域は多岐にわたります。特に開業当初は資金繰りやお客様へのサービスなどを優先することから、著作権のことまで考えを及ばせる余裕がないのかもしれません。しかし、著作権の侵害で法的に訴えられてはお客様の信用を失ってしまいかねないので、正しい著作権の知識をもって対処するようにしましょう。

ms15_img02.jpg

OTORAKU -音・楽-」なら著作権クリアで手軽にBGMが流せる!

OTORAKU -音・楽-」は、ヘアサロンなどの商業店舗に最適なBGMアプリです。どうしても後回しになってしまいがちなBGMの著作権処理も、このアプリではすでに著作権処理済みなので、個別に著作権処理をする必要がありません。個別の著作権処理が必要なくなるため、「ついうっかり著作権手続きを忘れてしまった」を完全になくすことができます。余計な作業やストレスから解放されるのは大きな利点と言えるでしょう。

ぴったりのBGMを選んで流すのも、プレイリストをつくるのもOK

プロがつくった550以上のプレイリストを業種やジャンル、季節や時間帯などのカテゴリから簡単に選んでそのまま流せます。BGMにこだわりたい方は900万以上の配信楽曲を使って、サロンにぴったりのプレイリストを自分でつくることも可能です。

割り込み再生もできる

個室でサービスを提供するサロンなら、よりお客様に合わせたBGMを流すことが可能です。話の流れで楽曲のリクエストがあれば、その場でサッとリクエスト曲に自然に切り替えて流すことができるので、顧客満足度アップにつながります。

定額制で楽曲数も豊富

国内の主要レーベルはもちろん、海外のインディーズレーベルまで配信されているので、店舗空間の演出に変化をつけたいときや、お客様のターゲットが変わった場合でも、BGMの演出を変えて雰囲気をアレンジすることができます。

BGMにこだわって他店と差をつけましょう!

街中に点在するヘアサロンの中で頭ひとつ抜けた存在になるためには、絶対的なストロングポイントが重要です。店舗の雰囲気はもちろんですし、店員の接客態度、技術、話術など、その要素は多岐にわたります。音楽の力でガラッと雰囲気を変えることができれば、そのすべてがより一層効果的になるかもしれません。

お客様に愛される店舗運営を継続していくために、ノンストレスで最適なBGMを流してみましょう。「OTORAKU」なら著作権を気にする必要がなく、プレイリストも業務用として質が高く、自分でプレイリストをつくることもできます。お手持ちのスマホでもすぐに試せる無料トライアルがあるので、気になった方はまずは試してみてはいかがでしょうか。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidタブレット安心レンタルプラン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 950万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 950万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストがつくれる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-