無料で7日間お試し

ページの先頭へ

音楽で脳を活性化!注目され始めた「音」の力をご紹介

音楽特集

音楽で脳を活性化!注目され始めた「音」の力をご紹介

音楽の力を医療分野に応用したものに「音楽療法」があります。これは音楽を通じて患者の脳を活性化させ、認知症治療などに有効なリハビリテーションの一種です。今回は、音楽のもつ力として「脳の活性化」に注目し、日本ではあまり知られていない音楽療法について詳しくご紹介します。

目次

ms13_img01.jpg

脳を活性化させる音楽の効果

あなたは音楽療法がどういったものかご存じでしょうか?音楽はリラックス効果をはじめ、人間の脳に対して様々な影響を与えることが実証されています。この特性をリハビリテーションに応用し、健康維持や心身障害の機能回復を目指すものが音楽療法です。ここでは、音楽療法の基礎知識や目的についてお話しします。

音楽療法の目的

音楽療法の主な目的は、音楽を通じて脳を活性化させることです。音楽が耳から入ってくると、音の高さやリズムといった情報はそれぞれ脳の異なる部分で処理されます。

また、音楽を聞くのではなく歌う場合は、音楽を聞くときとは違う経由で喉や舌に「歌う」という命令が脳に伝えられます。このように音楽を聞いたり歌ったりするだけで脳の様々な部分が働いて、結果的に脳全体が活性化するのです。

音楽療法の目的には、音楽ならではのヒーリング効果を与えることもあげられます。曲調によって与える影響が異なり、穏やかな曲はストレス軽減に、リズミカルな曲は意欲を高めるなどの効果が期待できます。音楽のヒーリング効果をうまく利用することで、過度のストレスや緊張、うつ状態にある精神に対して働きかけて、精神的な負担を軽減させることが可能です。

また、社会性を育むうえでも音楽は効果的です。音楽を聞くだけでなく、歌う・演奏する・踊るといった自己表現をすることは精神によい影響を与えます。音楽を通して人と触れあうことで、社会性が育まれ、周囲とのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。今や音楽は、医療分野において欠かすことができない存在といえます。

最も注目されている音楽療法分野は「認知症」

音楽療法の活用において今最も注目されている分野が、認知症およびその周辺症状(BPSD)です。例えば、認知症患者の傾向として、直近の記憶(短期記憶)は忘れっぽい一方、子どもの頃の記憶(長期記憶)ならはっきりと覚えているということが多く見受けられます。一方で、長期記憶は思い出すことで脳が刺激されて、軽度認知症においては集中力や記憶力が改善されたという研究結果が出ています。

音楽は、そんな長期記憶を思い出すきっかけとなります。童話を聞いて昔の出来事を回想したり、音楽に合わせて身体を動かすことが心身の安定につながったりと、認知症治療に効果的であることが認められているのです。また、音楽によるリラクゼーション効果も患者の不安を和らげて、心理面を安定させるため、深夜徘徊といった問題行動の軽減につながるとされます。

より効果を得るには好きな曲・思い出の曲がおすすめ

音楽療法では、使用する音楽の選び方も重要となります。なぜなら、音楽による脳の活性化には個人差があり、使用する音楽によっても効果に差があるからです。楽曲選びの際に意識したいのが、相手が「好きな曲」であること。そもそも相手の好きな音楽でなければ興味を示してもらえず、音楽療法の効果が得られません。好きな曲で興味を惹き、音楽に集中させることが何よりも大切です。

また、認知症治療においては患者にとっての「思い出の曲」を流すことも有効です。「思い出の曲」は長期記憶を思い出すきっかけや手助けになります。もし相手の好きそうな曲や、思い出の曲がわからない場合は、繰り返し同じ曲を聞かせると良いでしょう。その音楽を理解することが、脳の喜びにつながります。

ms13_img02.jpg

聞き手に飽きさせない豊富な楽曲を流せるアプリ

本格的な音楽療法を実施するには、音楽がもたらす働きを理解し、リハビリテーションに関する知識を有する必要があります。しかし、海外に比べて日本では音楽療法の認知度がまだ低く、音楽療法についての情報を得ることさえ困難な状況にあります。

本格的な音楽療法の実施は、音楽療法士の資格などを取得しないと難しいですが、それに近い効果が得られる環境づくりは可能です。「何が効果的な音楽なのかわからない」「流したい曲があっても、楽曲自体が見つからない」と悩んでいる方は、手早く目的の音楽を探せるBGMアプリ「OTORAKU -音・楽-」がおすすめです。

「OTORAKU」ではBGMのプロがつくったプレイリストが多数用意されており、業種やジャンルなどから簡単に選べます。例えば、業種なら「リラクゼーション」や「クリニック」、ジャンルなら「HEALING」「イージーリスニング」「インストゥルメンタル」などから、音楽療法を意識したプレイリストを見つけることができます。精神科医の監修のもとつくられた「音の処方箋」というプレイリストもあるので、優しい聞き心地の音楽を効果的に流すことが可能です。

さらに自分で楽曲を選んでプレイリストをつくれる機能やタイマー設定など、便利な機能を多数搭載しています。例えば、シーンに合わせてオリジナルの音楽を流したり、決まった時間に特定の楽曲を自動再生することで生活リズムを整えるなど、様々な目的に利用することができます。もちろん配信楽曲はすべて著作権処理済みなので、面倒な著作権許諾の申請や支払いの手続きをすることなく、安心して効果的な音楽を流せます。

脳を喜ばせる音楽

音楽は娯楽にとどまらず、人の心を救う医療分野にまで広く応用されています。音楽療法を意識したBGMを取り入れたい方は、「OTORAKU」のような音楽配信サービスを利用するとよいでしょう。「OTORAKU」はサービス導入時に特別な工事は必要なく、タブレットなどのモバイル端末があれば簡単に始められます。導入する前に使い心地を確認したい方は、気軽に試せる無料トライアルがあるので、まずはお手持ちのスマートフォンで試してみてはいかがでしょうか。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidタブレット安心レンタルプラン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 950万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 950万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストがつくれる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-