無料トライアル

ページの先頭へ

カフェBGMの大定番!サーフ・ロック×オーガニックの魅力

音楽特集

カフェBGMの大定番!サーフ・ロック×オーガニックの魅力

サーフ・ロック・ミュージックの明るく軽快で、ときに穏やかな音色はカフェのBGMにぴったりです。また、スローテンポの曲調が魅力のオーガニック・ミュージックも、カフェのようなゆったりとした時間を過ごせる場所のBGMには打ってつけです。これらの癒やし系ミュージックは、ジャック・ジョンソンを中心に世界中に広がり、今や高い注目を浴びています。

そこで今回は、サーフ・ロック・ミュージックとオーガニック・ミュージックの概要や魅力などについてご紹介します。

目次

ms04_img02.jpg

サーフ・ロックとオーガニックが持つ特徴!

今や、癒やし系ミュージックの代名詞ともなったサーフ・ロック・ミュージックとオーガニック・ミュージック。それぞれがどのような音楽なのか、そして、これらの音楽ジャンルを世界中に広めたといっても過言ではない一人のミュージシャンをご紹介します。

サーフ・ロック・ミュージック

サーフ・ロック・ミュージックは、サーフィンを中心に、アメリカ西海岸の若者文化や日常を歌にしたものです。明るく、軽快で、スピード感のあるサウンドが特徴であり、1960年代初頭にはブームを巻き起こしました。
一昔前のハードな曲調とは異なり、近年はアコースティックギターを基調とした穏やかでまったりとした気分になれる音楽をサーフ・ロック、またはサーフ・ミュージックと呼んでいます。

オーガニック・ミュージック

オーガニック・ミュージックは、地球温暖化問題を受けてスローライフやロハスという自然に優しいライフスタイルが取り沙汰された、1990年代終盤に脚光を浴びだした新たな音楽です。アコースティックギターのような「電気的な処理をしない」生楽器で演奏されるスタイルが特徴です。
シンプルながら、その音楽は心に染み入るように穏やか。リラックスできる音楽として人気が高まっています。


これらの音楽ジャンルが世界で注目されるようになったきっかけは、ジャック・ジョンソン(Jack Johnson)という一人のサーファー兼ミュージシャンの存在。ジャック・ジョンソンは、それまでハードコアパンクが主体だったサーフ・ミュージックのシーンに新しい風を吹き込んだ革命児であり、彼の作る音楽は、サーファー界はもちろん、音楽界からも高い評価を得ています。

さらにジャック・ジョンソンは、「生楽器を使ったシンプルなサウンドにする」「多重録音は極力しない」「エフェクターや電子楽器はできる限り使わない」といったことにこだわり、音楽を作りました。彼のこの理念が、後のオーガニック・ミュージックの概念を作ったといっても過言ではありません。

ms04_img03.jpg

カフェが「癒しの空間」とされるワケは?

休日の昼下がり、カフェでゆったりとした時間を過ごす方も多く見られます。理由は様々ですが、中には癒やしを求め、カフェを訪れているという方もいます。今やカフェは癒やしの空間として考えられており、特に充実した休日を過ごしたいと考えるビジネスパーソンにとって、カフェはなくてはならないオアシスのような存在といえるのかもしれません。

なぜ、「カフェ=癒やしの空間」という方程式ができたのでしょうか。実は、その秘密はBGMにあります。
人気のカフェほど、居心地の良い店舗と感じさせる素敵な音楽を流しています。スローテンポの音楽はリラックス効果があり、カフェの穏やかな雰囲気にぴったりなのでBGMでよく使用されます。また、お客様同士の会話を邪魔することがなく、都会の喧騒との間に優しく、薄いヴェールをかけてくれます。

穏やかで、スローテンポの音楽が多いサーフ・ロック・ミュージック&オーガニック・ミュージックは、まさにカフェにぴったりの音楽です。英語で歌われているものを選ぶことで、よりお客様の邪魔にならない癒やしの空間を演出できます。

店内が混み合った際は、隣のお客様の会話が気にならないようBGMの音量を少し上げるなどの配慮も大切です。サーフ・ロック・ミュージックやオーガニック・ミュージックのようにシンプルな音楽なら、多少音量を上げても耳心地が悪くなることがなく、常にお客様に居心地の良い空間を提供することができます。

時間帯に合わせてBGMを選ぶ

客層の変化や来店したお客様の気分に少しでも合わせるために、時間帯によって相性の良いBGMに変えましょう。その時間帯の店内の状況に合わせたBGMは居心地の良さを左右する大切な要素となるため、結果的に売上にも大きな影響を与える場合があります。

そこで、朝・昼・夜に合うBGMの特長とおすすめのジャンルをご紹介します。

朝に流したいおすすめのBGM

朝に流すBGMは、爽やかで優しいサウンドを選びましょう。
例えば「アコースティックミュージック」や「ジャズ」のほか、「イージーリスニング」などもおすすめです。お客様がゆったり過ごすことができ、会話の邪魔にもなりません。

昼に流したいおすすめのBGM

お昼のカフェには、仕事の休憩時間をカフェで過ごしたいサラリーマンや、ひと通り家事や育児を終わらせて一息つきたい主婦などが来店します。そのため、ゆったりとくつろげる「ヒーリング・ミュージック」や「サーフ・ミュージック」などを中心に選曲してみましょう。特にヒーリング・ミュージックは人をリラックスさせる効果があり、お客様に癒しを提供したいという場合にぴったりです。

加えて、シニア層の来店数が多くなるのもこの時間帯です。シニア層をターゲットにするなら、気持ちが前向きになり活力を与えられる、ボサノヴァのような軽快なテンポのBGMがおすすめです。

夜に流したいおすすめのBGM

夜になると、学校帰りの学生や仕事帰りの若者など幅広い客層が来店します。そのため、店内のBGMもクセのない落ち着いたBGMがおすすめです。「サーフ・ロック」や「オーガニック・ミュージック」、「モダンジャズ」など、夜の雰囲気に合ったBGMを選びましょう。

店内状況に合わせたBGM

時間帯以外にも、店内状況に応じて流すBGMを柔軟に選曲できるとベストです。


例えば、季節に合わせたシーズン商品があるように、店内で流すBGMも時期に合わせて選曲しましょう。店内の雰囲気のマンネリ化を防止や、シーズン商品の販売を促進につながります。
6~8月には夏のイメージを持つハワイアンミュージック(サーフ・ロック)を、12月にはクリスマスソングを中心にしたBGMがおすすめです。

加えて、速いテンポのBGMは客席回転率を上げる、遅いテンポのBGMは客単価を上げる効果があります。例えば、客単価が低めでお客さんが多い時間帯は、少し速いテンポのBGMに切り替えることで回転率を上げている事例もあります。

曲のテンポや曲調をコントロールしてお店の回転率を上げたり、店内が空いてる時間帯にはテンポの遅いBGMでゆったりくつろいでもらう工夫は必要です。しかし、無理に曲調を変えてテンポの速い曲を流すとせっかく作ったお店の雰囲気を台無しにしてしまう可能性もあります。お店の雰囲気を変えずテンポに変化をつけるなら、サーフ・ロック・ミュージックなどアコースティックなサウンドを基調とした、少しアップテンポな曲が作られている物を使い分けましょう。

音楽のジャンルを少しでも多く揃えておけば、お店の雰囲気を大きく変えることなく、店内状況に合わせた音楽選びができるようになります。

BGM選びにもう迷わない プレイリストも豊富な音楽配信サービス

サーフ・ロック・ミュージックやオーガニック・ミュージックをBGMとして流したいけれど、音楽に詳しくないという方におすすめなのが「OTORAKU -音・楽-」などの音楽配信サービスの利用です。OTORAKUでは業種や音楽ジャンル、イメージからBGMを簡単に選べるので、「カフェ」や「リラクゼーション」などのキーワードから検索して、効果的なBGMを簡単に見つけることができます。曲のテンポについてもプレイリストに表記されているので、スローテンポのBGMを選んでより癒し効果があるBGMを選ぶことが可能です。

OTORAKUでは、提供している楽曲からご自身でプレイリストを作ることもできます。季節、時間帯、回転率などに柔軟に対応できるよう、いくつか作成して使い分けましょう。
ただしプレイリスト内の楽曲同士、違和感のないように選曲することが重要です。入れたい楽曲をやみくもにひとつのプレイリスト内に入れてしまうと流れに違和感が生じて、かえってお客様の邪魔になってしまう可能性があるからです。

プレイリストの構成に迷ってしまうのであれば、OTORAKUが提供している、BGMのプロが作成したプレイリストがおすすめ。季節や時間帯に合わせて活用できるものや、定番の楽曲を取り揃えているものもあります。楽曲どうしに違和感のない構成のプレイリストですので、お客様に違和感を感じさせないことはもちろん、作成の手間も省けます。

まとめ

店舗BGMは、お客様のモチベーションを左右するものです。お店の雰囲気に合っているかどうかはもちろん、お客様にどのような時間を過ごして欲しいかなど、様々な視点から考えることが大切です。
「毎日でも通いたい」と思ってもらえるカフェは、店舗BGMも素敵な音楽をチョイスしているはず。より魅力的なお店になるよう、店舗BGMの選曲にもこだわってみてはいかがでしょうか。

面倒な「著作権使用料」の手続き不要の業務用BGMアプリ

Androidプレゼントキャンペーン

関連記事

人気のコラム

  1. フランス料理店必見! シャンソンとフレンチのマリアージュが最強のワケ
  2. 著作権管理団体の訴訟事例から見えてくる「店舗BGMと音楽著作権」の関係
  3. 閉店の定番BGMは「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」という曲だった
  4. お客様に与えたい印象別にご紹介! 美容室におすすめの音楽ジャンル4選
  5. 著作権の心配なし! 3つの店舗用BGMアプリ比較

新着コラム

お店で使えるBGMアプリ Wi-Fiとモバイルで簡単導入 音×楽 OTORAKU 面倒な著作権クリア 900万以上の楽曲を流し放題 有名アーティスト選曲のプレイリスト

導入事例

自分でプレイリストがつくれる

Wi-Fiモバイル端末
簡単導入

OTORAKU-音・楽-

  • 著作権クリア
    設置工事が不要
  • プレイリストが
    つくれる
  • 900万以上の
    楽曲が流し放題
自分でプレイリストが作れる タブレットとWi-Fiで簡単導入 OTORAKU -音・楽-