無料トライアル

ページの先頭へ

導入事例

case studies

H.P.FRANCE BIJOUX銀座店

ジュエリーショップ

東京・銀座エリア最大の商業施設GINZA SIX。この施設の2階にあるのが、大人の遊び心をくすぐるジュエリーショップ、H.P.FRANCE BIJOUX 銀座店です。こちらのお店では通常営業時やシーズン、そして数多く行われるイベントなどに合わせてBGMをセレクトしていると語るのは店長の白木裕子さん。OTORAKUの活用方法についてお聞きしました。

楽曲数も豊富でコスト削減にもつながり<br>CDよりも充実していて満足

楽曲数も豊富でコスト削減にもつながり
CDよりも充実していて満足

お店ではバイヤーがセレクトしたヨーロッパのジュエリーをお客様にご紹介しています。ジュエリーの魅力をより引き立てるためにも、店内の雰囲気をとても大事にしているので、お店のコンセプトやイベントなどに合わせてBGMにもこだわりたい、という思いがありましたので、これまではCDから選曲して店内のBGMを制作していましたが……。
CDは買いに行く手間やコストがかかりますし、音楽もマンネリ化してしまうんですよね。そこでCDに代わる音楽サービスの導入を考えていたところ、OTORAKUを紹介していただきました。
OTORAKUは自分で選曲してプレイリストを簡単につくることもできますし、楽曲数も非常に豊富なので「使いたい楽曲がない!」ということもありません。定額制なので、コストもかさむことがなくて助かっています!

お店のコンセプトや<br>イベントに合わせたBGM選び

お店のコンセプトや
イベントに合わせたBGM選び

H.P.FRANCE BIJOUXは現在都内で8店舗ありますが、お店によって雰囲気や客層が違うので、基本的にBGMはそれぞれの店舗で選んでいます。
銀座店は落ち着いた雰囲気のお客様やラグジュアリーな海外のお客様が多いので、落ち着いたジャズを中心に、お店のコンセプトでもある”ヨーロッパ”の雰囲気に合わせた、ゆったりとした曲を流しています。ほかにも朝と夜、平日と土日、セール時期などで、それぞれのシーンに合わせてBGMを使いわけていて、例えば、セール時期は少し速いテンポの楽曲を流して店内の雰囲気を盛り上げる工夫をしているんですよ。
また、店舗共通でクリエイターイベントなどを行うことがあるのですが、そのときは、「この曲を使いましょう」とテーマに合わせたBGMを使用して統一感を出すようにしています。

オンとオフの使い分け<br>作業のときは楽しく!

オンとオフの使い分け
作業のときは楽しく!

棚卸や朝の掃除などの営業時間外は「自分たちの好きな曲を流して仕事をしよう」ということで、営業時間には流さない懐かしいJ-POPや、クイーンが流行っていたらクイーンとか(笑)、気分を切り替えてじゃないですけど、楽しく作業できる音楽を流して仕事をしています。従業員のみんなには営業時間外に好きな曲を流していいよと言っているので、みんなで楽しくOTORAKUを利用しています。
営業時間になればプレイリストをパッと選んで、営業中のBGMにスムーズに切り替えています。
今は手動でBGMを切り替えているので、今後はタイマー機能を使って自動的に切り替わるように設定してみようかな(笑)。

H.P.FRANCE BIJOUX銀座店

SHOP INFO

アッシュ・ペー・フランス ビジュー ギンザ

H.P.FRANCE BIJOUX銀座店