カフェやラウンジにぴったり。定番BGMボサノヴァの魅力

音楽特集コラムイメージ音楽特集コラムイメージ
音楽特集

カフェミュージックの定番であるボサノヴァは、独特のリズムと軽やかさが、居心地のよい空間づくりにぴったりです。ここでは、そんなボサノヴァの歴史や魅力、活用事例についてご紹介します。

目次

音楽特集コラムイメージ音楽特集コラムイメージ

若者ミュージシャンが生み出した、新たな音楽ジャンル

耳心地のよいメロディーが特徴的なボサノヴァは、1950年代の終わり頃に誕生した音楽です。その当時、ブラジルではセンチメンタルな楽曲や、農民などの生活を主題にした牧歌が流行していました。しかし、ジャズを好んでいた若者たちは、その状況に満足できませんでした。そんな中、一部の若者ミュージシャンたちが始めたのが、ノスタルジックな音色を奏でるボサノヴァだったのです。

若者ミュージシャンたちは、サンバのビートを基盤に、ジャズやフランス近代音楽の要素を取り入れて独自のハーモニーを作り上げ、そこにクールかつ柔らかな歌声を乗せ、前向きで平和な高揚感のある音楽に仕上げました。その後、ブラジルで誕生したボサノヴァを音楽評論家やアメリカのミュージシャンが高く評価され、ボサノヴァは世界中に拡散されていったのです。

しかし、同時期にロックが流行しだしたことで、若者たちはエレキギターの独特な音色に夢中になっていきました。この波はブラジルにも影響を及ぼし、ボサノヴァの人気は少しずつ衰退していったのです。最終的には、クーデターによる軍事政権が樹立し、メッセージ性のある楽曲が好まれるようになったことから、発祥国であるブラジルでも歌われなくなってしまいました。

こうした歴史を持つボサノヴァですが、衰退したからといって音楽ジャンルとしての価値まで低くなったわけではありません。特に日本では、ボサノヴァのCDが復刻されたり、楽譜が出版されたり、教科書に掲載されたりと、今なおその素晴らしさが認められています。また、ボサノヴァはカフェやリラクゼーションサロンのBGMとして起用され、居心地のよい空間づくりに役立てられています。このような背景を考えると、ボサノヴァは日本において必要な音楽ジャンルといえるでしょう。

音楽特集コラムイメージ音楽特集コラムイメージ

独特のハーモニーと歌声が、リラックス空間を演出

深い歴史を持つボサノヴァの魅力は、大きく2つに分けることができます。

穏やかなハーモニー

ボサノヴァは、クラシックギターやピアノによる軽快なリズム、そして柔らかな和音と優しいメロディーが心地よい音楽です。こうしたボサノヴァならではのハーモニーを生み出しているのは、“バチーダ”と呼ばれるクラシックギターの独特な演奏方法です。ベース音を常にキープし、その上にコードを乗せることで、柔らかな音色を奏でることができます。優しいハーモニーを堪能できるボサノヴァの名盤は、耳にするだけでどこかリラックスした気持ちになれます。モダンな響きと、転調を多く取り入れたハーモニーは、居心地のよい空間づくりにぴったりです。

柔らかな歌声

肩の力がスッと抜けるような柔らかい歌声も、ボサノヴァ特有の魅力です。リズミカルで爽やかなメロディーと、伸び伸びした自然体で心安らぐ穏やかな歌声は、カフェやリラクゼーションサロンのBGMにマッチすること間違いありません。

空間演出と感情が鍵。ボサノヴァの活用事例

ここで、実際にボサノヴァをカフェのBGMに活用している、某Dコーヒー店の事例をご紹介します。

Dコーヒー店では、独自のプレイリストを作成しており、その中には、時代を彩った名曲ばかりが収録されています。曲数は30~70曲ほどで、それをランダム再生し、BGMとして活用しています。さらには、時間帯により変化する客層に合わせ、BGMもその都度、変更しています。時間帯ごとにテーマを設け、そのテーマに当てはまる楽曲を流しているのです。

例えば、朝の7~11時のBGMにはアコースティック系ポップスを起用しており、そこには「1日をすがすがしくスタートしてほしい」という想いが込められています。お客様が多い11~14時は、ボサノヴァやソフトロックで、陽気な雰囲気を演出しています。年齢層が高めの男性客が中心というこのお店ならではの客層にマッチするよう、60代以上のお客様は懐かしさを感じながら、若い年齢層のご利用も踏まえて、20~40代のお客様は新鮮さを感じるような楽曲を選んでいます。

この事例から分かるのは、ボサノヴァが陽気な雰囲気を演出できる楽曲であることと、年齢によりボサノヴァが与える感情影響の内容が異なるという点です。カフェやリラクゼーションサロンはもちろんのこと、「陽気で明るい店舗にしたい」「年齢層の高いお客様がリラックスできる空間にしたい」と考えている店舗は、ぜひボサノヴァをBGMに起用してみてください。理想的な空間、ひいては店舗を作ることができるはずです。

音楽配信サービスで、心落ち着く空間づくり

ボサノヴァは、穏やかなハーモニーと柔らかな歌声が魅力的な音楽です。店舗BGMとして流せば、お客様にとって居心地のよい空間を演出することができます。

例えば、店舗用BGMアプリ「OTORAKU –音・楽-」では、様々なボサノヴァの楽曲をまとめたプレイリストが多数そろっています。ボサノヴァに詳しい方は、自分の流したい楽曲を選んでプレイリストをオリジナルで作成できるので、納得できるこだわりのBGMを流すことができます。、ボサノヴァは詳しくないという方でも、BGMのプロがノウハウを駆使して作成したプレイリストが利用できるので便利です。もちろん、著作権使用料の支払いや手続きはすべてカバーされているので、導入したいタイミングですぐにBGMとして活用できます。ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

関連コラム

お店で使える!定額制BGMアプリ

iPadWi-Fi導入簡単
OTORAKU -音・楽-ロゴ
  1. 著作権処理
    設置工事は不要
  2. オリジナル
    プレイリストが作れる
  3. 500万曲の
    楽曲が流し放題

お問い合わせ

導入サポートやサービス内容について、
まずはお気軽にご相談ください。