カフェBGMの大定番!サーフ・ロック×オーガニックの魅力

音楽特集コラムイメージ音楽特集コラムイメージ
音楽特集

サーフ・ロック・ミュージックの明るく軽快で、ときに穏やかな音色はカフェのBGMにぴったりです。また、スローテンポの曲調が魅力のオーガニック・ミュージックも、カフェのようなゆったりとした時間を過ごせる場所のBGMには打ってつけです。これらの癒やし系ミュージックは、ジャック・ジョンソンを中心に世界中に広がり、今や高い注目を浴びています。

そこで今回は、サーフ・ロック・ミュージックとオーガニック・ミュージックの概要や魅力などについてご紹介します。

目次

音楽特集コラムイメージ音楽特集コラムイメージ

サーフ・ロックとオーガニックが持つ特徴!

今や、癒やし系ミュージックの代名詞ともなったサーフ・ロック・ミュージックとオーガニック・ミュージック。それぞれがどのような音楽なのか、そして、これらの音楽ジャンルを世界中に広めたといっても過言ではない一人のミュージシャンをご紹介します。

サーフ・ロック・ミュージック

サーフ・ロック・ミュージックは、サーフィンを中心に、アメリカ西海岸の若者文化や日常を歌にしたものです。明るく、軽快で、スピード感のあるサウンドが特徴であり、1960年代初頭にはブームを巻き起こしました。
一昔前のハードな曲調とは異なり、近年はアコースティックギターを基調とした穏やかでまったりとした気分になれる音楽をサーフ・ロック、またはサーフ・ミュージックと呼んでいます。

オーガニック・ミュージック

オーガニック・ミュージックは、地球温暖化問題を受けてスローライフやロハスという自然に優しいライフスタイルが取り沙汰された、1990年代終盤に脚光を浴びだした新たな音楽です。アコースティックギターのような「電気的な処理をしない」生楽器で演奏されるスタイルが特徴です。
シンプルながら、その音楽は心に染み入るように穏やか。リラックスできる音楽として人気が高まっています。


これらの音楽ジャンルが世界で注目されるようになったきっかけは、ジャック・ジョンソン(Jack Johnson)という一人のサーファー兼ミュージシャンの存在。ジャック・ジョンソンは、それまでハードコアパンクが主体だったサーフ・ミュージックのシーンに新しい風を吹き込んだ革命児であり、彼の作る音楽は、サーファー界はもちろん、音楽界からも高い評価を得ています。

さらにジャック・ジョンソンは、「生楽器を使ったシンプルなサウンドにする」「多重録音は極力しない」「エフェクターや電子楽器はできる限り使わない」といったことにこだわり、音楽を作りました。彼のこの理念が、後のオーガニック・ミュージックの概念を作ったといっても過言ではありません。

音楽特集コラムイメージ音楽特集コラムイメージ

カフェが「癒しの空間」とされるワケは?

休日の昼下がり、カフェでゆったりとした時間を過ごす方も多く見られます。理由は様々ですが、中には癒やしを求め、カフェを訪れているという方もいます。今やカフェは癒やしの空間として考えられており、特に充実した休日を過ごしたいと考えるビジネスパーソンにとって、カフェはなくてはならないオアシスのような存在といえるのかもしれません。

なぜ、「カフェ=癒やしの空間」という方程式ができたのでしょうか。実は、その秘密はBGMにあります。
人気のカフェほど、居心地の良い店舗と感じさせる素敵な音楽を流しています。スローテンポの音楽はリラックス効果があり、カフェの穏やかな雰囲気にぴったりなのでBGMでよく使用されます。また、お客様同士の会話を邪魔することがなく、都会の喧騒との間に優しく、薄いヴェールをかけてくれます。

穏やかで、スローテンポの音楽が多いサーフ・ロック・ミュージック&オーガニック・ミュージックは、まさにカフェにぴったりの音楽です。英語で歌われているものを選ぶことで、よりお客様の邪魔にならない癒やしの空間を演出できます。

店内が混み合った際は、隣のお客様の会話が気にならないようBGMの音量を少し上げるなどの配慮も大切です。サーフ・ロック・ミュージックやオーガニック・ミュージックのようにシンプルな音楽なら、多少音量を上げても耳心地が悪くなることがなく、常にお客様に居心地の良い空間を提供することができます。

BGM選びにもう迷わない プレイリストも豊富な音楽配信サービス

サーフ・ロック・ミュージックやオーガニック・ミュージックをBGMとして流したいけれど、音楽に詳しくないという方におすすめなのが「OTORAKU –音・楽-」などの音楽配信サービスの利用です。「OTORAKU」では業種や音楽ジャンル、イメージからBGMを簡単に選べるので、「カフェ」や「リラクゼーション」などのキーワードから検索して、効果的なBGMを簡単に見つけることができます。曲のテンポについてもプレイリストに表記されているので、スローテンポのBGMを選んでより癒し効果があるBGMを選ぶことが可能です。

まとめ

店舗BGMは、お客様のモチベーションを左右するものです。お店の雰囲気に合っているかどうかはもちろん、お客様にどのような時間を過ごして欲しいかなど、様々な視点から考えることが大切です。
「毎日でも通いたい」と思ってもらえるカフェは、店舗BGMも素敵な音楽をチョイスしているはず。より魅力的なお店になるよう、店舗BGMの選曲にもこだわってみてはいかがでしょうか。

関連コラム

お店で使える!定額制BGMアプリ

iPadWi-Fi導入簡単
OTORAKU -音・楽-ロゴ
  1. 著作権処理
    設置工事は不要
  2. オリジナル
    プレイリストが作れる
  3. 500万曲の
    楽曲が流し放題

お問い合わせ

導入サポートやサービス内容について、
まずはお気軽にご相談ください。