YouTubeの店舗使用はNG。違反せず、BGMを流すにはどうしたらいい?

店舗BGMの著作権コラムイメージ店舗BGMの著作権コラムイメージ
店舗BGMの著作権

店舗BGMを選ぶ際、「YouTubeなどの動画サイトから音楽を流そう」と考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、YouTubeをはじめとした動画サイトを使って店舗BGMにすることは、著作権違反に当たります。今回は、動画サイトにまつわる著作権の基礎知識や、違反せずに店舗BGMを確保するためのポイントをご紹介します。

目次

店舗BGMの著作権コラムイメージ店舗BGMの著作権コラムイメージ

意外に知られていない、動画サイトの著作権の話

店舗BGMに、大手動画サイト“YouTube”を使用するという方法がしばしば提案されます。しかし、YouTubeを使うことは著作権の侵害に当たり、違法行為に該当します。以下では、具体的な事例をいくつかご紹介します。

最新の曲の違法アップロード

世界的な動画共有サイトYouTubeには、様々なアーティストのMVや楽曲が公開されています。しかしその中には、違法なアップロードによって公開されている動画もあります。違法アップロードとは、販売されているCDやDVD、有償で提供されている映画や楽曲などを無断で無料公開する行為を指します。それらの動画を、違法にアップロードされた動画だと知りながらダウンロードすると、“違法ダウンロード”行為だとされ、罰則の対象となります。もちろん、これらの動画を店舗BGMとして使用するのは禁止されています。

演奏動画

YouTubeには、アーティストのMVだけでなく様々な楽曲の演奏動画も多数投稿されています。こうした動画を店舗BGMとして使用する行為は、“著作隣接権”という権利に抵触するため禁じられています。“著作隣接権”は、楽曲の実演家やレコードを製作した人など、著作物を広める役割を持つ人々に与えられている権利です。店舗BGMを選ぶ際は、著作権だけでなくこの著作隣接権にも気をつけなければなりません。

クラシック

店舗BGMを選ぶ際、「クラシックには著作権がない」ということを耳にしたことがある方もいるかもしれません。一般的に、著作権は著作者の死後50年間は保護されますが、51年目以降はその権利が消滅します。そのため有名なクラシック音楽の中には、著作権が消滅している曲があるのも事実です。

しかし、まだ著作権保護期間中にある楽曲もあるため、「クラシックには著作権がない」とは一概に言い切れません。また、著作権が完全に消滅したクラシックであっても、その演奏を録音したり複製したり店舗でBGMとして流したりすると前述した“著作隣接権”に抵触する恐れがあるので注意が必要です。

YouTubeは誰もが楽曲や動画を楽しむことができる共有サイト。しかし、店舗BGMのツールとして利用するには、著作権や著作隣接権を持つ方の許諾がいちいち必要です。つまり、場合によっては大幅なロスにつながることも考えられるのです。

店舗BGMの著作権コラムイメージ店舗BGMの著作権コラムイメージ

気になる他の動画サイトの著作権

YouTubeの動画を店舗BGMとして流すのは、著作権や著作隣接権に抵触するため禁じられているのは前述のとおりです。では、ニコニコ動画をはじめとした別の動画サイトはどうなのでしょうか。
残念ながら、ニコニコ動画など別の動画サイトを使って楽曲を流すことも著作権の侵害に当たります。したがって、店舗BGMとして利用することは違法行為に該当します。

例外としてあげられるのは、「自分で作った楽曲を自分が演奏して動画サイトにアップし、その楽曲を店舗に流す」という方法です。また、知人・友人が作成した楽曲を、許可をもらって店舗で流す場合も同様です。この方法であれば、著作権や著作隣接権に抵触することなく店舗BGMを確保することができます。

著作権対策万全!「OTORAKU」の魅力

数多くの音楽がアップロードされているYouTubeやニコニコ動画などの動画共有サービスですが、前述した通り店舗BGMとして利用できるケースはごくわずか。とは言え、それぞれのお店でJASRACへ申請するのは手間がかかる上、手続きが完了するまで期間を要します。すぐにでも店舗BGMを流したいという方にとって、効率のよい方法とは言えません。

そこでおすすめなのが、「OTORAKU」です。OTORAKUは月額定額でポップスやジャズ、ヒップホップ、ダンスミュージック、ヒーリングミュージックなど幅広いジャンルの音楽を利用できるアプリ。国内の主要音楽レーベルのみならず海外のインディーズレーベルまで取り扱っているため、店舗の雰囲気とマッチした音楽が必ず見つかります。カテゴリ別にセレクトできる他、厳選されたおすすめの音楽からセレクトすることもできます。

また、BGMのプロが作成したプレイリストを利用することもできるので、自分でセレクトすると似たようなBGMばかり流してしまいそうという方にもおすすめです。プレイリストには、定番のものから季節のイメージを重視してセレクトされたものなど様々なものがラインアップされています。もちろん、どの音楽も著作権処理が不要で、追加の配信料などを気にする心配もありません。
この他、操作するのが楽しいスタイリッシュなデザインもOTORAKUの魅力です。必要なのはWi-FiとiPadのみ。店舗に設置後、すぐにお使いいただけます。

店舗BGMにYouTubeやニコニコ動画の音楽を使おうとお考えの方、著作権使用の申請の手間なく店舗BGMを流したいとお考えの方は、ぜひOTORAKUの導入をご検討ください。

【監修者のご紹介】北村 行夫 弁護士

北村 行夫 弁護士

1945年生まれ。1968年早稲田大学政経学部卒業、1974年司法試験合格、77年東京弁護士会登録。80年に虎ノ門総合法律事務所所長に就任、現在に至る。日本知的財産仲裁センター仲裁委員・調停委員/著作権法学会会員/国際著作権法学会員/著作権情報センター会員/日本ユニ著作権センター相談員/東京弁護士会人権擁護委員会(報道と人権部会元部会長)
監修者先生のご紹介

関連コラム

お店で使える!定額制BGMアプリ

iPadWi-Fi導入簡単
OTORAKU -音・楽-ロゴ
  1. 著作権処理
    設置工事は不要
  2. オリジナル
    プレイリストが作れる
  3. 500万曲の
    楽曲が流し放題

お問い合わせ

導入サポートやサービス内容について、
まずはお気軽にご相談ください。