ショップ&カフェ
CASE:Cooking Styles 様

おしゃれなお店が数多く並ぶ東京・自由が丘。ここに、食関連の物販とカフェを併設したお店「Cooking Styles」があります。当初は著作権フリーのCDを使用していたそうですが、その後OTORAKUを導入。なぜ、OTRAKUの導入に至ったのか。オーナーの小川浩孝さんに伺いました。

お店をやっていくうえで、
いい加減なことはしたくない!

オープンした当初は、著作権フリーのCDやインターネットラジオを流していたのですが、著作権フリーのCDはいつの時代の音楽?みたいな感じで(笑)。スタッフからはこのお店には合わないんじゃないですかね?と言われてしまいました。

音楽には著作権の問題があるのも知っていたので、お店をやっていくうえでいい加減なこと、うしろめたいことはしたくない。それだったらBGMサービスを利用しようと。それでUSENのサイトを見ていたらOTORAKUの存在を知って、これだ!と。導入前にいろいろなBGMサービスを検索して調べていたのですが、OTORAKUが一番、価格のことや、どんなサービスなのかがわかりやすくホームページに書かれていたので、安心して問い合わせることができました。「お電話いただいたらお見積りに伺います」とか、会わないと肝心のサービス内容が分からないというのは、嫌じゃないですか(笑)。

スタイリッシュでおしゃれなお店にしたかったので、プレイ画面の洗練されたデザインも好印象でした。OTORAKUの無料トライアルを試してみてスタッフにも評判が良かったので、それから本格的に利用を開始しました。

スペースも、コードも、工事も必要ない
手持ちのiPadでできるのがいい

実は、USENのBGMサービスは以前から知っていました。それでも、オープン当初に有線放送を入れなかった理由として、箱型のUSENチューナーの設置に躊躇していたからなんです。個人的にですが、チューナーが結構大きく感じていて。あまり広い店内ではないので、設置する場所がないなと。でも、OTORAKUならスペースを取らないし、コードもいらない。サービスを使うための工事も必要ありませんよね。何より、手持ちのiPadがあれば機器の導入費用がかからないし、簡単に始められます。もちろん、常に最新のものにアップデートされて、プレイリスト、楽曲が増えていくというのもいいですよね。音楽を選ぶ楽しさがあります。使いたい曲がたくさんあるので、何を選ぶのか迷ってしまう時もありますけど(笑)。

操作も直感的にできて、すごく簡単です。難しいと感じたことはなかったです。

BGMもお客様をもてなす
重要なアイテム

お店は1階が食関連の物販で、2階がカフェになっているのですが、夜はカフェがワインバーに変わります。それに合わせて、昼はカフェラウンジやボサノヴァ系を、夜はジャズ系のBGMと使い分けています。時間帯や客層に合わせてBGMを自由に切り替えて工夫できるのは便利ですよね。季節のBGMも利用していますよ。OTORAKUなら季節の音楽でも話題のアーティストが歌うクリスマスソングとか、かっこいい音楽が選べるので。年始はお正月の雰囲気を演出するために、和を感じるプレイリストを使ってみました。

そういえば、先日、女性のお客様が流れているBGMを聞いて、「ボサノヴァだ!」って言ってたんです。それで、帰り際には「癒されたわ」って。BGMはおもてなしという意味で、すごく重要なアイテムだと思っています。無音空間だとお客様も話しづらいですし、ストレスを感じてしまいますから。また、お客様だけでなく、「これはあの曲だね」という感じで、従業員とのコミュニケーションにもなっていますよ。

SHOP INFO

CASE:Cooking Styles

東京都目黒区自由が丘1-25-21
TEL:03-6338-1444

(2017年12月 現在)

お問い合わせ

導入サポートやサービス内容について、
まずはお気軽にご相談ください。

※オンライン契約の場合、お支払い方法はクレジットカードのみとなっております